だいすきをあつめたら

NEWSが好き。ジャニーズが好き。アイドルが好き。

推しメンがアイドルを卒業しました

2018年6月20日

日本武道館

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャ

 

このコンサートでモーニング娘。’18の推しメン尾形春水ちゃんが卒業しました

 

グループで一番熱を入れて応援していた子が卒業すること自体が初めてだったのですが、卒業発表がされてから卒コン当日を迎えるまで、なんとなく寂しいなぁ、悲しいなぁとは思っていてもいまいち実感がありませんでした

 

まあ、自分自身のあれこれや担当グループのあれこれに心を悩ませ続けていてそれどころじゃなかった部分もあったんですけど!!(ここ笑うところです)

 

 

推しメン、とはいってもモーニング娘。自体をそこまで熱心に追いかけられていたわけでもなく、あくまでライトに、在宅でゆるゆるファンをやっていられれば良いかな~というスタンスだったのですが、私を娘。ちゃん沼にはめた張本人から卒コンチケット取れたよ!との報告を受けたのでありがたく、推しのアイドルとしての最後の姿を拝みに行くことにしました

 

元モーニング娘。工藤遥ちゃんの卒業コンサートをライブビューイングで見に行ったことはあったのですが、生の卒コンは今回が初めてでした

そのどぅーの卒コン後にこう呟いていたのですが、

まさかその日がこんなに早く来るとは思わなかったよね…

 

とはいえ、初の生卒コン、初の武道館が推しの卒コンというのもまた趣深いなぁとしみじみ思ってました

 

 

はーちんの姿を生で見たのは、ひなフェス、春ツアー、そして今回の卒コンの3回

そしてこの卒コンが3回の中で一番近かった!

ステージ下手側のスタンド席だったのですが、スロープみたいになっているところからほど近い席だったため、メンバーがこちら側に来た時にはまあよく見える!

えりぽんエストほっっそ!!と盛り上がってました

普段から細いとは思ってたけど、生で見るとマジで引くほど細くてびびります

 

そして、これは体感なのですが、はーちんはステージ下手側のポジションが多かったように感じたのでこれまた良い席だったなぁと思ってます

 

私は割と普段から自担ロックオンタイプなのですが、今回はいつにも増して「一秒でも長くはーちんの姿を目に焼き付けよう」という心意気で臨んでいたので今回は本当にはーちんのことしか見てませんでした(笑)

 

でも、それぐらいはーちんのことが大好きだったんだよ

 

 

最後まではーちんらしい優しくてあたたかくて笑顔があふれる素敵な卒コンでした

尾形春水卒業スペシャル」と書かれた看板を見たときに少しだけ実感が湧いてきて、

オープニングにはーちんが列の先頭を歩く姿を見ただけで少し目に涙が浮かんでしまったけれど

 

公演中何度も何度も会場全体を見渡して嬉しそうに微笑んでいたはーちん

最後にこの景色を目に焼き付けようと思っていたのかなぁなんて勝手に思ってました

 

 

 

卒業発表をしたとき、正直まだ早いと思った

卒業前最後のシングルが発表されたとき、正直少し悔しかった

 

泡沫サタデーナイト!のMVを見て一目惚れした女の子

私は、娘。ちゃんの中ではーちんが一番可愛いと思っていたし、

 世間が見つけてくれないのはおかしいと思ってた

もっともっと露出を増やしてほしかったし、歌割りだってもっともっと欲しかった

もっともっとはーちんコールがしたかったし、もっともっと曲の良いところではーちんの顔が抜かれて欲しかった

 

全部いちファンのわがままなのだけど

 

実力とか人気とかそういったもので歌割りやポジションが決められてるのは分かってる

ましてや女性アイドルの中でも高度なパフォーマンスや歌唱力に定評のあるグループだからこそ、なおさらそこにはシビアなんだろうなってことも分かってる

それに、現状のこのグループでセンターを張れるほどの実力や人気を彼女が備え持っているとは言えなかったことも分かってる

 

でも、いつかはそんな日が来ると思ってた

これも私の勝手なわがままだったけど

 

だから寂しい、とか悲しい、に負けないぐらい悔しい、という感情が私の心に渦巻いていました

 

 

でも、違った

全然違った

まあ確かにコンサート中に、

もっとはーちんを映してよ!今日が最後なんだから!と思いたくなる瞬間はあったし、

卒業コンサートという名目が無くても当たり前のようにはーちんがいっぱいカメラに抜かれる未来を見たかった…と思ってしまう瞬間もあったけれど

それ以上に多幸感に溢れたコンサートだった

この子を推してきた良かったと思ったし、やっぱり私の推しメンは最高だと思った

 

出会う人みんなを笑顔にする、その笑顔でみんなを幸せにできるあなたは最高のアイドルでした

そしてはーちんがメンバーにとってもとっても愛されていたことが伝わってきて、それが何よりも嬉しかったのです

 

 

卒業セレモニーもはーちんらしく、笑顔がいっぱいのとても楽しいセレモニーだったね

セレモニーの前、会場中に響くはーちんコールと、会場中がシーブルーの光で埋め尽くされた景色を私は一生忘れません

 

最初で最後のこの景色を全力で目に焼き付けようと思ったし、私も全力でこの光の海の一部になろうと思った

なんて柄にもなくロマンチックなことを考えながらずっと号泣していたのだけど(笑)

 

 

体中にはーちんコールを受けながらシーブルーのドレスを身に纏って現れたはーちん

やっぱりあなたは世界一シーブルーが似合う女の子だよ!!

 

ステージ中央で一人で「涙が止まらない放課後」を歌う姿を見ながら

涙止まらないわ~!あなた優しすぎるから~!!って泣きました

選曲も、その笑顔も、ちょっと不安定な歌声も、全部全部アイドルとして大正解だったよ!!!!

 

 

そしてメンバーからの送る言葉

ふくちゃんの、思った以上にはーちんのこと好きだったんだなって言葉も、

えりぽんと、「焼き肉行こうね」「ご馳走様です!」「がんばりま~す」って愉快な掛け合いしてるのも、

はるなんとのWはるなの絆や、尾形のことが本当に好き、という告白も、

あゆみんのお母さんみたいな優しさと激励も、

小田ちゃんのモーニング娘。にささげた10代を大切にしてほしい、という言葉も、

どの先輩の言葉も優しくてあたたかくて、みんなはーちんのことが大好きでとても気にかけてくれていたんだなぁと思ったけれど、その中でもまーちゃんの言葉がとても心に残りました

 

尾形のあんぽんたんエピソードの暴露から始まるあたりめちゃくちゃまーちゃんだなあと思ったけれど(笑)、

その後のはーちんがまーちゃんに「音楽が怖い」と相談した話

その一番落ちているところを見ていたから、よく立ち直ったなぁと思ったというまーちゃんの言葉

はーちんが初めて頼った先輩、まーちゃんが初めて頼られた後輩

そんな2人の関係がとても素敵でした

コンサート序盤に「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」でまーちゃんがはーちんに駆け寄って抱きついていたり、「What is LOVE?」であかねちんと共謀してはーちんをステージ中央に引っ張ってきてサプライズを仕掛けたり

まーちゃんのはーちんへの愛を感じました

まーちゃん良い先輩になったねぇ…泣

 

というか、What is LOVE?は全員で♡を作るときにメンバーが揃って♡の中心にいるはーちんの方を向いていたり、まーちゃんあかねちんの煽りに合わせてモニターにも文字が出ていたりと各方面からの愛を感じました

はーちん、愛されてるよ君は!!

はーちんがにっこにこの笑顔でうれしそうにしてたのも印象深かったです

 

 

セレモニーに話を戻しますね

後輩からのメッセージも

可愛い後輩に会いたくなったら連絡してください!って愛嬌たっぷりに伝えたよこやんも、

「好き」って言ってくれて嬉しかった、というかえでぃーも(そして最後までかえでぃーにデレデレなはーちん笑)、

「これからも友達として仲良くしてください」(はーちん言葉に詰まって返事できず)「仲良くしてくれないの?!」がめちゃかわだったちーちゃんも

三者三様で良かったです

 

そして最後に同期である12期3人からの言葉

今日は春水ちゃんを笑顔で送り出したいので泣きません!と宣言して本当に泣かなかったちぇる

個人的に、一人だけ「春水ちゃん」呼びな所が関係性萌えでした

春水ちゃんの優しいエピソードを出すために自分のあんぽんたんエピソードを披露してたあたりがめちゃくちゃ愛おしかったけど、最後に一生同期なので!って言いきってくれたところが凄く頼もしかった

 

尾形春水ちゃんへ」って、手紙の朗読?ブログなの?って始まり方をしたまりあちゃん

「ずっとはーちんにいてほしい

これからもはーちんにいてほしかった

いつも自分の思いを飲み込ませてしまってごめんね」

というまりあちゃんの心からの声に思わず心がぎゅーんっとなりました

いつものブログのように

明日も、嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいあるといいね

で締めるあたりはまりあんらぶりんらしいなぁと泣き笑いしました

 

あかねちんとは同期として、だけではない親友のような絆を感じました

「今後は―ちん以上のかけがえのない人に出会えないんじゃないかな

強がってしまうところが似てる、強がってるのに強がってることに気づけないところが似てる」

そんなたくさんの時間を一緒に過ごしてきたからこそ言える言葉にとても重みを感じました

 

 

メンバーが本当にみんな口をそろえて

はーちんは優しい

はーちんはいつも笑顔

と言っていました

こんなにずっと一緒にいた人たちがそろいもそろってそう言うのだからあなたは本当に優しいのだと思います

でも、その優しさゆえに悩んだこともたくさんあったんじゃないかな

メンバーからは、

思っていることをもっと口に出して良いのに

とも何度も言われていたはーちん

 

あなたは、自分の力でモーニング娘。になるという夢を掴み取り、自分の力で大学合格も果たし、自分の意志でグループを卒業することを決意した人です

優しさだけでなく強さも備え持つはーちんだからきっとこの先何があっても大丈夫だと思います

だから、どうかこれからは尾形春水という一人の人間としてやりたいことをいっぱいして、わがままもたくさん言って、どんどん幸せになって欲しいです

 

 

「今、とっても幸せ」

という言葉のあとに披露された「Are you happy?」

私は幸せだけど、あなたは?と問いかけられているようでなんともいえない気持ちになりました

 

私は自分の好きなアイドル達には、アイドルである前に人間として幸せになって欲しいと常々願っているのですが、最後にこんなに力強く今幸せだよ!という言葉を聞けて本当に良かったです

 

 

しんみりしすぎることもなく、笑顔で、時に冗談も交えながら進んだコンサート

 

最後の最後もいつものように、はーちんらしく「ほなな!」と笑顔で去っていって

最後まではーちんだったなぁ…

 

 

いつもニコニコふわふわしていて、それでいて飄々としていて、いつの間にかどこかへふっと消えてしまいそうな儚さをもっていたはーちん

掴めそうで掴めないあなたの不思議な魅力に首ったけでした

 

 

私にシーブルーのサイリウムを振らせてくれてありがとう

最後にこんなに素敵な景色を見せてくれてありがとう

 

これからもずっと大好きです

 

明日も明後日も明々後日も、はーちんのこれから先の未来に、嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいいっぱいあるといいね!

 

ありがとう!大好きだよ!

 

ほなな!!

 

2018.06.24