だいすきをあつめたら

NEWSが好き。ジャニーズが好き。アイドルが好き。

ドリフェスの準備体操を…

ドリフェスが近づいてきたね~楽しみだね~!

ということで、9/15,16,17に開催される「テレビ朝日ドリームフェスティバル2018」

その2日目の9/16にNEWSも出演する訳なのですが、

せっかくたくさんのアーティストさんが出演されるのだからNEWS以外のアーティストさんも楽しみたい!というNEWSファンの方も多いのではないかと思います

 

ということで微力ながら皆さんがドリフェスをさらに楽しむ力になれたら良いなぁと思ってこのブログを書いてます

 

と、書いてみたものの…

NEWSを含む6組のアーティストさんの情報等についてはもっとしっかり書かれているブログを参照するなり、ググるなりウィキるなりしていただきたい!(早くも人任せ)

 

ということでひとつ、入門編としてタメになる、うなさんのこちらのブログを紹介しておきます

http://sngmapkn371411.hatenablog.com/entry/2018/08/19/215500

アーティストごとに代表曲やオススメの曲がたくさん紹介されているのですごく参考になります!

 

 

ここからは、私が好きな曲についてたらたら書いていきます~

あんまり参考にならなかったらごめんなさい…

 

ということで行きます!私の好きな曲紹介!!

 

sumika

sumika(すみか)は、日本の4人組ロック&ポップバンド

グループ名の由来は「住処」から

(Wikipediaより)

 

メロディーがキャッチーなものが多いので聞きやすいバンドかなと思います

「住処」という由来の通り、あったかくて優しいほっこりバンドです(聞くようになってまだ日の浅い私の個人的な感想ですが)

 

「Lovers」

sumika / Lovers【Music Video】 - YouTube

 

これはね、小山さんです完全に

この話がしたくてこのブログを書いたと言っても過言ではない

 

\Loversは慶一郎/

これだけでも覚えて帰ってください!

 

「男は最初になりたがり、女は最後になりたがる」
名言にあやかって言わせれば どうやら僕は情けなく後者らしい

 

小山慶一郎さんに歌って欲しい歌詞選手権堂々の第一位ですわこれ…

 

ねえ浮気して ねえ余所見して
ずっとずっと離れぬように
ねえフラついて ねえ揺らめいて
ずっとずっと離れぬように
最後の最後の最後には
お願いこっち向いて
こっち向いて笑って欲しいのです

 

ねえ嬉しい日も ねえ楽しい日も
ずっとずっと離さぬように
ねえ悩む日も ねえ病める日も
ずっとずっと離れぬように
迷いなど捨てて抱き寄せて

お願いそばにいて
僕の事を見ていてほしいのです

最後の最期に
あなた朽ち果てるまで
愛し抜いていきたいと思うのです

 

1番のサビ、2番のサビも良い…

ちょっと独占欲強めで、ちょっと女々しさもあって、でも”色んな男を見てから最後に戻っておいでよ”って男らしさと余裕も見せてきて、そんでもって最後まで一途に愛し抜いてくれる慶一郎…

めちゃくちゃ刺さる…好き…

 

もはや歌の話をしているのか慶一郎の話をしているのか分からなくなってきたんですけどとりあえず歌詞がめちゃくちゃ良いです

 

サビが”ねえ浮気して~”から始まるのとか凄くない?!

初めて聞いた時は衝撃を受けました

でも恨みがましい感じじゃないし、曲調もポップで聞きやすい

万人受けする曲じゃないかなと思います

 

ぜひドリフェスでも歌ってほしい!!

そして歌ってくれた際には小山さんのことと、\\慶一郎~!!//って騒いでる女がいたなぁということをちょっとでも思い出してくれたら本望です(逆に、純粋に楽しめなくしてたらごめんなさい(笑))

 

 

・「フィクション」

sumika / フィクション【MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

ボーカルの片岡さんの顔が好き!となったMV

バンドにアイドル性を求めるのは違うよな、と思いつつも面食いだからすぐ顔が良い!とか言っちゃう…

高橋優さん、セカオワNakajinさん系統のお顔かと

今流行りの塩顔男子ってやつですか?

 

この曲もキャッチ―で聞いていて楽しくなります

MVでもメンバーの皆さんがめちゃくちゃ楽しそうに演奏していて見ているこっちも楽しくなるね!

 

 

・「アネモネ

sumika / アネモネ【MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

私の一番好きな曲!!

音がシンプルな分ドラムがよく響いてきて、聞いていてとても心地良い曲です

 

歌詞だけ見ると少し切ないけれど、優しいメロディラインとのバランスが凄く好きな曲

sumikaさんは、歌詞だけを見た時と曲を聴いた時の良い意味でのギャップが魅力的だなぁと思います

 

 

・「ファンファーレ」

sumika / ファンファーレ【MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

最新曲なのでドリフェスでもやるかな?

アニメ版「君の膵臓を食べたい」の主題歌です

NEWSも出演する今週(9/7)のMステでも披露されるよ!

夏らしい爽やかなナンバー!フェス映えしそう!!

 

 

Official髭男dism

Official髭男dism(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)は、日本の4人組ロックバンド

略称、愛称は「髭男」「ヒゲダン」

(Wikipediaより)

 

インパクト大なバンド名に対してメンバーが好青年、良いとこの坊ちゃん感があるところが好きです(笑)

 

・「Tell Me Baby」

Official髭男dism - Tell Me Baby[Official Video] - YouTube

 

シゲ部でもかかってましたね~

あと、関ジャムでも紹介されてました!

シゲ部で加藤さんも関ジャム見てた的なことを言っていたので、一緒だ~!と勝手に親近感抱きました(当方、関ジャム出)

クセはそんなに強くなくて、とにかくオシャレで色っぽい!!

あとノリが良い!思わず横ノリしたくなる感じの曲!

 

 

・「 SWEET TWEET

Official髭男dism - SWEET TWEET[Official Video] - YouTube

 

私のイチオシ曲です

爽やかで、青春時代の甘酸っぱい恋を思い出してドキドキ、ワクワクするような曲

恋をしたときに聞きたくなる曲

思わず一緒に踊りたくなります

 

少しかすれた低くも高くもない普通のトーンで
笑うときだけいつもの声より二音半あがる
君の口癖や適当な相槌さえも記憶のど真ん中に
色濃く焼き付いたんだ

ここを聞くと、密かに片想いしていた幼馴染のシゲアキくんとくだらないことで長電話してた高校時代を思い出すよね~(記憶の捏造)

”二音半上がる~”で実際に音が上がる感じが好きです

 

 

・「コーヒーとシロップ」

Official髭男dism - コーヒーとシロップ[Official Video] - YouTube

 

辛い時期に励まされた曲

そしてここから数年後にもっともっと染みるようになるんだろうなあと思う曲です

 

オシャレで色気のある曲、ノリの良いアップテンポな曲、そしてこの曲のようなじんわり心に染みる曲

幅広い曲を楽しめるのがヒゲダンの魅力かなと思います

 

 

・Nulbarich

Nulbarich(なるばりっち)は、シンガーソングライターのJQをリーダーとして構成される日本のバンド

メンバーは固定されておらず、演奏形態に応じてメンバーを変えている

(Wikipediaより)

ということでバンドスタイルからもう斬新ですね

Nulbarichさんに関しては本当に代表曲+αぐらいしか分からないですごめんなさい!

これからドリフェスまでに聴き込みます!!

 

初めて聞いた時の感想は、とにかくオシャレ!これ洋楽?邦楽なの?!でした

 

シゲ部で紹介されていたのは「NEW ERA」ですね

Nulbarich - NEW ERA (Official Music Video) - YouTube

 

最新曲は「Kiss You Back」です

Nulbarich – Kiss You Back (Official Music Video) - YouTube

「アネッサ」のCMソングなので、サビを聞くと「あ、この曲聞いたことある!」となる方もいるかと

 

 

Little Glee Monster

Little Glee Monster(りとるぐりーもんすたー)は、日本のガールズボーカルグループ

現在のメンバーは5人

通称、愛称は「リトグリ

(Wikipediaより)

 

リトグリちゃんもテレビで拝見するぐらいなのでこれがオススメ!とかはあんまり言えないのですが…

とにかく歌上手いなぁ~という印象

NEWSとの絡みでいうと

2017/02/11放送の「MUSIC FAIR」で共演(weeeek,全力少年でコラボ)

2018/08/06放送の「いのちのうたフェス」に出演

ぐらいですかね…?

MUSIC FAIRのコラボ良かったよね~!!

 

タイアップなんかで聞いたことある曲もあるから、そんなに知らなくてもイケるかな~?その歌声にお金を払う価値あり!!という感じのスタンスでいたのですが、せっかくなら曲も知っときたい!と思い、リトグリちゃんが好きな友人にオススメ曲ある?と聞いてみました

 

友人曰く、

定番は「好きだ。」(金曜ドラマ「表参道高校合唱部」の主題歌)

Little Glee Monster 『好きだ。』-Short Ver.- - YouTube

 

最近の曲だと「世界はあなたに笑いかけている」(2018年コカ・コーライメージソング)

Little Glee Monster 『世界はあなたに笑いかけている』Short Ver. - YouTube

 

オススメは「SAY!!」(1stオリジナルアルバム「Coloful Monster」収録)

 

だそうです!!

一通り聞きましたが語彙力を放棄した感想は、やっぱり歌が上手い!!でした(笑)

可愛い子たちからこんなに力強い歌声が…!とびっくりする

どの曲もノリやすくて聞いていてテンション上がりますね!

生で聞けるの楽しみ!!

 

 

・Superfly

Superflyさん、説明いります?(笑)

みんな知ってるよね?(笑)

本当に私なんかがお話しするよりも詳しい方はいっぱいいると思うので…

 

ドリフェスの9/16の出演アーティスト一覧を見て、Superflyさんも出演されると知った時、マジか!!とめちゃくちゃテンション上がりました

あの圧倒的歌唱力を持つ歌声を生で聞けるとは…!!

今からめちゃくちゃ楽しみにしてます!

 

個人的には、めちゃくちゃ歌の上手い友人(Superflyファン)がカラオケに行くたびに「タマシイレボリューション」を歌ってくれるので毎度「金を払わせてくれ!!」となるのですが、本家のも聞けちゃう?!とめちゃくちゃ楽しみにしてます

あと「愛をこめて花束を」も、昔ピアノで連弾したことある!という思い出込みで好きな曲です

 

てな感じなのですが、知識的には歌いそうな曲を教えてください!とこっちがお願いしたいレベルです…

みんなで勉強していこうね…

 

 

私は語彙力も音楽の知識も乏しいので、もっとプレゼン上手で知識豊富な人に私がプレゼンを受けたいぐらいなのですが一通り書いてみました

多分ほとんど参考にはならなかったと思うのですが、音楽は楽しんだもの勝ちなので!

私みたいに自由に楽しんでもらえればと思います

そしてこのブログを読んで少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです

 

 

ドリフェス、今からめちゃくちゃ楽しみです!

参加される皆さんも一緒に楽しみましょうね~!!

 

きみはもともと…

そろそろ、松本潤 って辞書に載っても良いと思うんですよね

 

 

いや、まじで

ふざけてるように聞こえるかもしれないけど(ふざけてるけど)、割と本気で思ってる

 

松本潤”という文字列は、単なる人物の名前という固有名詞以上の意味を持っていると思うんですよ

 

なんでそんなこと言い出したかというと、

 

嵐にしやがれ滝沢カレンさんがゲストで来た回に、カレンちゃんが嵐メンバーに四字熟語であだ名をつけていたんですね

 

大野さん:海釣地蔵

櫻井さん:服装迷走

相葉さん:馬鹿脱皮

二宮さん:趣味在宅 

 

この4人のあだ名もどれも秀逸だなぁと笑いながら感心しちゃったんですけど(中でも相葉さんのが言い得て妙だなぁと思う)、潤くんは

 

松本潤

 

だったんですよ

並び順的に潤くんが最後だったんですけど、オチとしても最高な上に、なんじゃそれ?!となりつつも、なんか笑っちゃう

滝沢カレン天才か?!と思った瞬間でした

 

本人は「ただの自己紹介じゃねーか」って笑ってましたけど、その、文字列だけ見たらただの自己紹介なのに!4分の3自分の名前言ってるだけなのに!この人の特徴を上手くつかんでいる四字熟語として成立していることに私は感動すら覚えました

 

 

ジャニーズアイドルになってからの松本潤さんの歴史ってキャラクターとの闘いの歴史だと思っていて

 

・Jr.期のやんちゃだけど憎めない可愛い弟キャラ

・嵐デビュー当時の最年少やられキャラ

・ごくせん以降のツンツン反抗期キャラ

・道明寺以降の俺様王子キャラ

・MJ呼びがされるようになってからのMr.パーフェクトと見せかけての実は不器用(天使)キャラ

 

ざっくり分類するとこんな感じかなと

細かくみるともっといろいろありそうなんですけど、これだけ見ると…

マツジュン、キャラ迷走してね?(笑)

 

松本クンの唄でも

”今更キャラ変えってそれあなたね”

と歌われていたけど、いじられキャラからクールキャラへ、とかもう180度反対じゃん!

 

我々はそんな松本潤くんのキャラの振り幅に翻弄されている訳なのですが、もしかしたら誰よりも”松本潤”に翻弄され、悩んできたのは潤くん本人なのかもしれないなぁとも思うのです

 

潤くんって、こだわりが強くて頑固、みたいなイメージを持たれがちだと思うんですけど、案外自分がない人なのかもしれないなぁと思ってます

正確に言うと、1人の人間として、こうありたい、みたいな信念は強く持っているけど、1人のアイドルとして、俺はこういうキャラで行く、俺のアイドルとしての強みはこれだ!みたいなものがあまりない人なのかなと

故に、ドラマで演じた役に日常でも引っ張られていたりもするけど

(最近でも、99.9の深山先生を演じてた頃はよく耳触ってたし、ナラタージュ期は常にちょっとテンション低めだった気がする)

 

それに、俯瞰で物事を見られる人だから、グループを客観的に見て、自分がこの立ち位置に入るべきだ、ということを考えてキャラづくりをしてきた人なんじゃないかなと思います

 

嵐って、若い頃にはウェイなパリピ感を感じることもあったけど、根っこのところが良い子で、親しみやすい近所のお兄ちゃんの集まりみたいなグループだと思うんです

 

でも、アイドルグループとしては5人揃って優等生をやっていても面白味がないじゃないですか

グループ全体のイメージとして一つ親しみやすさ、みたいなものを揃えて持っているのは良いとしても、やはり個人の特徴というかキャラ付けが欲しいというか

 

そんなことを考えた結果、潤くんはこのグループの”カッコいい”や”イケメン”を担おうとしたんじゃないかと思うのです

それが上手くハマったタイミングが花より男子の道明寺の頃

 

ドラマのヒットと共に、主題歌もヒット

嵐というグループの知名度もグンっと上がった時期

 

それに伴い、世間の"マツジュン"イメージもざっくりいうと”道明寺っぽい人”で定着した時期なのではないかと

 

それだけドラマがヒットしたということだし、潤くんの道明寺がはまり役だったということなんでしょうけど、道明寺をきっかけに抱かれるようになった”松本潤”イメージは思ったよりも強固だった

そして潤くん自身も、道明寺を演じたことによって得られたイメージ通りの"松本潤"を演じようとしていたのではないかなと

 

まあ、ここまでキャラキャラ言ってきましたけど、割と潤くんと道明寺、似たようなところもあるからね

猪突猛進タイプなところとか、心開いた人には暴君なところとか(笑)(そこも愛おしくて大好き)

 

このキャラが潤くん的にしんどいものだったのかどうかは分かりませんが、見ているこっちからすると、潤くんはそれだけじゃないから!可愛いところも天然天使なところもあるから!とちょっともどかしい思いもしていました

 

 

そして時は流れ、迎えた30代

30歳の誕生日を迎えるころに、30歳になって色々諦めた、と語っていた潤くん

 

ナラタージュの宣伝で出演した「ボクらの時代」でも少しそういった話をしていて

 

潤「僕は30で諦めましたね」

野田洋次郎さん「何を何を?」

潤「20代でこうなりたかったなとか思ってたことはあったけど、30超えたときに、いや、そうなりたいって思ってたけど30年変わらないんだったら無理なんじゃないかと思って、それを諦めたんすよ

そしたら、すげー楽になった」

洋「どうなりたかったの?」

潤「嫌だ恥ずかしい」

行定勲監督「教えてよ~」

潤「もう単純になんか、『人に優しくなりたい』とか『こういう時にこういう人間でありたい』とか

結局そんなことばっか考えてても、目の前に起こることに対処してくとそうはなんないし」

洋「まあでも、ちゃんと30までそうもがいたから諦める権利を得たのかもね、もっと早く諦める人もいっぱいいるし」

潤「それは、あのー、諦めが悪いんだろうね(笑)」

 

洋「辞めてぇってなんないの?」

潤「仕事?」

洋「松本潤

潤「なんないよ、だって松本潤だって別にー…だって、じゃあ野田洋次郎辞める?」

洋「いや、俺は」

潤「でしょ?一緒一緒」

 

潤くんって理想高そうじゃないですか?完璧主義というか

こういう人間になりたい、こういうアイドルになりたい、みたいな

そういう自分が求めるものを完璧に得るために、ずっと松本潤を演じてきた人だと思うんです

でも、30超えて諦めた、と語るようになって

ちょうど30歳ごろからファンの間でも潤くん=天使 という認識も強まってきた感じがします

何か少し吹っ切れて、ずっと身に纏い、背負おうとしていた”松本潤”を脱ぎ捨てることが出来たからこそ、今の松本潤がいるんじゃないかなと思います

 

洋次郎さんと行定監督との対談、全編文字起こししたブログを書きたいぐらい好きなんですけど、中でも洋次郎さんのこの「松本潤辞めたいと思ったことないの?」って質問が最高オブ最高なんですよ!!

 

それに「ないよ」と笑って答えて「野田洋次郎辞めたいと思ったことないでしょ?それと一緒だよ」という潤くんにそうだよなぁ~…となりました

 

世間では”松本潤”ブランドの一人歩きというか、格好良い男、完璧な男の例えとして名前が挙がることも多い潤くん

でも、本人からしたら生まれた瞬間からずっとただ松本潤な訳で

俺は俺であって俺以外の何者でもない、という自信みたいなものを持って、松本潤であることを受け入れていることが分かって嬉しかったです

もしかしたら、5年前、10年前の潤くんに聞いたら少し違う答えが返ってきたのかもなぁと思うと胸にじーんときます

 

あと、潤くんの印象を聞かれたときの洋次郎さんの

「会う前は、テレビとかでしか見たことないから、これの50倍ぐらいキザで、100倍ぐらい取っつきづらくて、2000倍ぐらいもうちょっと嫌な奴だと思ってた」

というコメントがめちゃくちゃ好きで、

潤「俺のイメージどんなだよ(笑)」

行「褒めてるってことだよ、そのぶんだけ逆だってことでしょ」

 

という、いじりつつ褒めてくれる洋次郎さん、不貞腐れる潤くんとなだめる行定監督という関係性がめちゃくちゃ良い

 

この対談、全編通して、ヨイショしてる訳ではないし仲良しゆえにちょっといじられてるんだけど、それでも潤くん良い子でしょ!!ってのがすごく伝わってきて、潤くんのこと良く知らない方にみんなに見せたいです

 

 

それから、もう一つ潤くんについて語られたテレビ番組の一幕について

99.9 seasonⅡの宣伝のために、ビビットで太一君と対談をしたときに「松本潤は本当はこんな人だ」というというメンバーへのアンケートを紹介していて

 

翔「キツイ性格に思われがちですが、割と優しいです。

メールの絵文字なんて可愛いぐらいです。」

 

雅「ストイックですね。

毎日決まったお弁当を食べてますし、身体に良いものをたくさん取り入れてます。」

 

智「イメージでは、友達もいっぱいいて幸せそうに見えるが、実は仕事が終わってまっすぐ家に帰り、1人ポツンといる寂しい男だ。(勝手な妄想ですが)」

 

ニ「ストイックとか、拘りがある人とか言われていますが、心配性な人。

あなたは松本潤なので、もっと自信を持って良いと思います。」

 

四者四様でとっても面白い

 

メールの絵文字が可愛い松本潤をどこまでも推してくれる櫻井翔、推せる

これからも”俺だけが知る実は可愛い松本潤”情報お待ちしております

 

相葉くんはいつも潤くんのパブリックイメージを保とうとしてくれる人

ストイックで真面目、そんな一面を補強してくれる

これからも潤くんのお食事報告お待ちしております

 

実はこんな人ってのを聞いてるのに勝手なイメージですが、って自分の持つ松潤イメージを語りだす大野さん(笑)

相葉くんとは逆で、完璧、イケイケ、みたいなパブイメをあえて裏切ることで松潤って意外と可愛いとこあるでしょ?って見せつけてくる

これからも松潤可愛いっしょ?マウンティングお待ちしております

 

やっぱり、こういうときに心にズドンとくるキラーフレーズを放り投げてくるのは二宮さんなんですよね

「あなたは松本潤なので、もっと自信をもって良いと思います」

この一言にすべてが詰まってる

このブログを書こうと思ったきっかけも二宮さんのこの言葉でした

 

松本クンの唄で

「きみはもともと マツモト」

と歌った頃から変わらずずっと、あなたは松本潤なんだから!!と言い続けてくれる二宮さん

このアンケートのコメントを受けて、自分でも心配性だと言い、物事何か物事をやるまではものすごく臆病、常に最悪のケースを想定している、とも言っていた潤くん

緊張しいだと言っているのを聞いたこともあるし、この人は案外自分に自信がないタイプ

(ここで案外、といっちゃうあたり私もまだパブイメに影響されてるのかも(笑))

そんな潤くんの一番近くに、あなたは松本潤なんだから!って全肯定してくれる人がいることが凄く嬉しい

「あなたは松本潤なんだから大丈夫」なんてこんなに絶対的で強い肯定と励ましの言葉は他にはないよ!

 

 

二宮さん(というかメンバー全員だけど特に二宮さん)の松本潤に対する信頼とか肯定って潤くん自身の自己肯定感を上げてくれてるんじゃないかなと思うのです

 


つい先日の今年の24時間テレビ内の生嵐にしやがれで行われた“This is 生MJ"

This is MJ というコーナー自体が潤くんの、カッコ良いのに実はちょっとヘタレ、不器用だけど一生懸命、実は天然で可愛い、みたいな部分を大きく引き出してくれたコーナーなので凄く感謝しているし大好きなんですけど、それに加えて24時間テレビは生放送なんですよ!


生放送×深夜×潤くん=面白い

これテストに出ます!!

過去の24時間テレビでも毎年なんらかの伝説やら爪痕やらを残してきた潤くん

 

今年は全世界総モンペ化という新たな伝説を残してくれました(笑)

 

カッコ良くフェンスを越えるという挑戦を前に自信なさげな潤くん

「生MJ一回も上手くいってない…」と弱気な潤くんに

翔「そうだっけ?」

ニ「そんなことないと思うけど」

雅「自信ないMJ見たくないよ」

翔「ダメダメ、もうここで負けちゃダメ、気持ちで勝たないと」

智「自信もって」

ニ「今日嵐一勝してますから、ここでMJ勝って」

雅「そうそう、優勝しよ?」

口々に喋る兄ズの声掛けが優しいのなんの…

こんだけ見守られて励まされて育ったらそりゃこんな素直で良い子にもなりますわ…涙

 

のびのび自由に育てられた末っ子くんは、一発本番なのに勝手に一回練習挟むんですけど(笑)(ちょっとタイミング悪かったんだよね!緊張しちゃったんだよね!しょうがないしょうがない!!)(既にモンペ)

読んで字のごとく光の速さで立ち上がり、フォローする兄ズ

 

えぇ~?!とスタジオがざわつく中、

ニ「おぉ~っと?今のは何だ?!」

翔「練習だよ」

雅「練習ね」

ニ「練習練習」

練習を連呼する人達(笑)

 

2度目のチャレンジの前に気合を入れ直しつつもちょっとヘラヘラしてる潤くんを見て

ニ「MJが失敗する訳ないだろ?!」

「さあ行くぞ、笑っている」

「今ので目が覚めたか」

と実況しつつ、真剣な表情になりスイッチの入った潤くんをこれまた真剣なまなざしで見つめる二宮さん

 


そして2回目は無事成功

ニ「さあMJ!大丈夫です。ちょうど全国民が目をつぶってましたから」

キタこの史上最強の甘やかしパワーワード

MJを安心させるために全国民を操る二宮和也

とっさにこの返しが出来る二宮さんのワードセンスに脱帽なんですけど、それ以上に世界中の誰よりも潤くんに甘々なのは二宮さんだとみせつけられてもう…敵わねえ…

 

ここの何が尊いって、二宮さんが「大丈夫です」って言ったのは潤くんがオフマイクでニノさんに向かって「大丈夫?大丈夫?」って確認してるからなんですよね

 

お互いへの絶対的な信頼から成る末ズ…尊い

 

二宮さんのパワーワードが炸裂したあとに、潤くんが

「いや~申し訳ない」って他のチャレンジャーの方も見渡しながらきまり悪そうに言ってるところも愛おしポイント高い

 

この後、スタジオが暗黙の了解で「1回目で」成功して、と二宮さんに乗っかってたところがバラエティ的にもめちゃくちゃ面白かったです(さおりんありがとう)

 

最後の最後まで「大丈夫ですよね…?」って不安になって恥ずかしそうな潤くん愛おしすぎて世界がジュンのモンペになったよ…!!

 

本人は不安そうにしてて、でも決めなきゃ!って緊張してて

結果一回練習挟んじゃうんだけど、周りが「MJが失敗する訳ないから!」「さすがMJ!」って持ち上げてる感じになって

カッコ良い(仮)MJ!って感じで正直言うといじられてるんだけど嫌な感じはなくて、世界がジュンに優しい感じがめちゃくちゃ面白かったです

 

あと、潤くん自身はめちゃくちゃ本気なのがまた良い

一発勝負と言っておきながら自分だけ2回やることになったからには、他の挑戦者が成功していないから、このコーナーを成立させるためにも自分はなんとしても成功しなければ

2回目の挑戦の前の潤くんの表情からはそんな気迫を感じました

 

これだけ真剣に挑んでいるからこそ、周りも「やっぱすげーわ」となるし「さすがはMJ」となるんですよ

ただMJに忖度してる訳じゃないんだよ!!とモンペの私は語気強めに言っておきます(笑)

 

 


と、ここまできて最後に”俺松本潤”に戻ってくるわけです(やっと)

 

”俺松本潤”という4文字をみて笑っちゃう理由

甘えん坊ないじられ末っ子だけだったらこんなに‟俺”がしっくりは来なかったはず

俺様ツンツンしているだけだったらこんな風にいじって笑える空気にはならなかったはず

 

俺様要素もちょっと残しつつ、オチ要因としてカッコ良いじゃん!良いじゃん似合うじゃん!と褒められつついじられてるこの感じ

 

今の潤くんだからこそだなと思います

なんかもう”松本潤”って聞くだけでにこにこしちゃうし、バラエティとかの良い場面で松潤、MJってワードを聞くだけでこれから何が起こる…?ってワクワクしてくるから、この人の持つパワーは凄い


ちょうどさっきVS嵐のクイズ松本潤を見てても思いました

もう、松本潤というワードだけで面白い予感しかしない

掘れば掘るほど面白いところが出てくる

アァ〜!!潤担楽しい!!



【総括】

辞書に載せるならこんな感じにしたいよね!


松本潤(まつもと・じゅん)

1.アイドルグループ嵐のメンバーの名前

2.格好良いもの、完璧なものの象徴

3.聞くだけでちょっと嬉しく、楽しくなる魔法の言葉

【類】松潤、MJ

 

ってなところで締めます!


 

潤くんお誕生日おめでとう!!

いつの時代の潤くんも大好きだけど、やっぱり私は今の潤くんが一番好きです

そして、常に今のちょっと先を見て、明るい未来を見据えているあなたが大好きです

 

35歳の一年も素敵な一年にしてね!!

いちごな君たちとともに

お題「NEWS15周年コンサート "Strawberry" memories」

 

大大大遅刻なのですがNEWS 15th Anniversary Live 2018 strawberry の感想を書きます!
もう記憶が薄れてきているのですが備忘録的に残していたメモをもとにセトリに沿って振り返ってます
2日分ごちゃまぜのただひたすら書き連ねてるので読みにくかったらごめんなさい…先謝っときます…

OP
最初のケーキの演出、可愛くってオシャレで、お祝いだ~って感じがしてすごく好きだった!
サマタイMVのしげちゃんにきゃわ~ってなったよ♡

からの一曲目
何が来るかな~?と予想は色々してたんですが、フルスイングやチャンカパーナ、NEWSニッポンとかのエモさやアニバ感を押し出した選曲ではなく"最新シングル"という選択が、過去を踏まえた上での"今"から始める感じがして、なるほどなぁ~となりました

BLUE
すってんころりんしげちゃん☺️可愛かったね☺️
ビビットちゃんも取り上げてくれて流石強火カトシゲ担だなと(笑)

余談ですが、たまたまビビットを見ていたらしい母が、開口一番「シゲちゃん転んどったね~あれ(生で)見たん?」と聞いてきて笑いました

遺伝子レベルでドジっ子好き…

恋祭り
チュムチュム
BEACH ANGEL
夏だ!野外だ!盛り上がるぞ!!な曲たち
まだ明るい中でみんなでタオル振り回すのめちゃくちゃ楽しかった!!
小山さんのチュムゥ~!はイケメンバージョンだったね!
BEACH ANGELで増田さんが歌い出しの自分のパートすっ飛ばしちゃって、歌なしのままカメラに抜かれ、ハッと気付いてから照れ笑いしてたのが可愛すぎてキューン!ってなった


恋のABO
2日目、歌前に
マス「YOU達何型~?」
コヤ「先に言うなよ」
カメラに向かってドヤ顔する増田さんがすっき〜!!

・花道ですれ違いざまにシゲマスハグ
ハグしたまま
リ`▽´ノリ「しげちゃんのおしりをバーン!」
・トロッコで移動中、すれ違いざまにコヤシゲハグ
のハグ祭りだったね♡

このあとトロッコから花道降りるときにちょっとおっと!ってなってた加藤さんを私は見逃しませんでした☺️


weeeek
席が遠いと音に時差が生まれるからというのもあるけど、ぴょんこぴょんこするシゲさんが微妙に裏拍気味にジャンプしてるの見ると、超可愛いけどそのリズムの取り方逆に難しくない?!っていつも思っちゃう

みんな飛べ~!って煽った後スタンド側向いて、身体だけ上下させてるオタクの真似してマサイジャンプする増田さんに笑った
初日は、マサイジャンプ→疲れた~って肩落とす仕草 の流れを何回かやっててお気に入りなんだなぁと笑

2日目、花道からメンステに戻ってきたところでクレーンカメラに近づいてカメラアピールする加藤さんの姿を別カメラが捉えてスクリーンに映し出されてたの愛おしすぎたね☺️
クレーンの方の映像も見たかったけどね☺️
増田さんはstrawberryタオルを持ってニッコニコでカメラアピールしてたんだけど、最初タオルの上下が逆で、それに気付いてからフッと真面目な顔になってひょいっとタオル投げて上下反転させたのスマートで爆イケ過ぎてもう…


Happy Birthday
「今日は1年に一度 重要度世界一の 大切なみんなとの~?」\\記念日~!//
世界一平和で幸せなC&Rだ…
「1人じゃここにいられなかったよきっと 来年も再来年も 同じ日 みんなに会いに行くよ」
「みんなからの プレゼント NEWS happy birthday みんなの未来に幸あれ」
という替え方にじーんときた…
お祝いのコンサートにぴったりの曲だし、"君"を"みんな"や"NEWS"に替えて歌っていたのがすごく特別感があって良かったなぁ
みんなからのプレゼント、みんなの未来に幸あれ、って替え歌する増田さんがファンへの愛と優しさに溢れてて泣けました


愛言葉
このブロック、沈みゆく夕日も相まってめちゃくちゃエモかったよね
けどしんみりとお涙頂戴的になるのではなく、ちょっとじーんとくる感じが丁度良いエモさだった(?)

1日目、開演前雨が降ってたので、"雨上がりの道を抜けて~"の歌詞とリンクして、晴れて良かったなぁ~夕日が綺麗だ!って一人でしんみりしてました笑

4人になってからのファンである私には今回の6月のあれこれが、言い方は悪いけど、初めてNEWSに悪い意味で泣かされた経験になった訳で
「ごめんね もう二度と泣かさない」という歌詞が今まで以上に胸にぐさっと刺さったけど、
4人が歌う姿を見て、この言葉を、この歌詞を歌うNEWSを信じたいしついて行きたいと思ったし、今は迷うことなく信じられると思いました

愛言葉は4人でくっついて歌ってるイメージが強かったので各々がいちごトロッコに乗って歌うのがちょっと意外で、でもそれがエモすぎず、お涙頂戴モードになりすぎない丁度良さの理由の1つなのかなとも思ったりしてます


チャンカパーナ
衣装が良い!
チャンカパーナにはやっぱり白い衣装が似合う!
こんなにワンチャントンチキソングなのにこんなに泣ける曲はない、と改めて思います笑


SUMMER TIME
絶対やって欲しかった曲なのでイントロかかった瞬間に「キタ!」って嬉しくて泣きそうになった(すぐ泣く)
4人でぐるぐる回りながら"This is the SUMMER TIME"ってやってる光景がめちゃくちゃ平和で大好きです


フルスイング
最初のフォーメーション(シゲさんだけ前でしゃがむ)が斬新で新鮮だった
どうしても同じ野外ということもあって美恋を思い出してしまったし、フルスイングには涙のイメージがくっついてしまっていたのだけど、鬼気迫るような深刻なものでもなく泣くでもなく、穏やかで柔らかくて、でも真剣な表情でこの歌を歌う4人がすごく頼もしかった


UR not alone
分裂、移動するバクステがバックゲート側に来たのですが、初日がシゲさん0ズレの席で
EPCOTIAの時も0ズレで見れたからURとのこの相性は何なのだろうと思いつつ笑、しっかり一曲分見つめてきたよ
歌い終えた後軽くふらつくぐらいに感情全開で歌っていたシゲアキさん
この曲の持つエネルギーの大きさを改めて感じました
イントロかかるとおたくたちも一緒になって大合唱が始まる感じがNEWSとNEWSのファンだなぁと思ってました(笑)

 


MC
初日は入場が遅れたためにほぼカットだったけど、裏の事情を含めてしっかり説明してくれるNEWSくんの優しさプライスレス…

・開演15分前、あと2万人入ってません、と聞いて遅らせることを決めた
・けど、味スタは9時以降音出せない
・だからMCをやって曲を削るか、MCを削って曲を全部やるかってなったんだけど、これまでたくさん準備してきたしやっぱり全曲披露したいからMCを削らせてほしい
という話をしていて
主に手越さんが説明をしてくれたんですが、こういう時のファンのためにと行動を真っ先に起こせる手越さんのファンへの愛が嬉しくて泣いた

まあ、超絶面白いMC聞きたかったし、あれをこのタイミングで入れるとMCの仕事来ちゃうぐらいウケる、と考えてた増田さんの渾身のボケも聞きたかったですけどね!笑

という冗談はさておき、MCってファンが座れて休憩になるだけじゃなくて、メンバーも自由に水飲んだりちょっとは休んだりできる訳で、それを削るって自分たちにとってはさらにハードになるってことだと思うんですよ
でも、それでも全曲披露することを選んでくれたことがすごく嬉しかったし感謝しかないよね…

MC明け一曲目を
テゴ「座って聞いてていいよ」
コヤ「ちょうどゆったりした曲だしね」
と言ってくれたところにも優しさが詰まってて泣けた
やっぱり真っ先にファンのことを思って提案してくれる手越さん
でも、歌うなら立って聞かなきゃ…ってなりそうなところを座って聞くのがむしろちょうど良い、と遠慮させないように言葉を重ねる小山さん
あぁ、この優しさとあたたかさだよなぁと
どこまでもおたくを甘やかしてくれるNEWSくん、本当にありがとう

そして、"NEWSの歴史を振り返る中で欠かせない"と前置いた上で「コヤシゲはハケま~す!」ってハケてったコヤシゲが超コヤシゲで良かった
久々にコヤシゲちゃんも歌ってくれても良かったのよ?笑


2日目MC

記憶をもとに箇条書き状態のまま書きます!
言葉はほぼニュアンスなので雰囲気だけ受け取ってください!

MCの最初に「今日はMC出来るよ!」って言ってたのは笑った
みんな結局MC大好きかよ!(大好きだよ)

・衣装の話
テゴ「ねぇタカ!衣装脱いでも良い?」
唐突なタカ呼びに被弾
背中に“NEWS 15 ANNIVERSARY”って入ってる、と嬉しそうに話す増田さんを見ると本当にこだわって作ってくれてるんだなぁと思うし、本当に洋服が、NEWSが大好きなんだなぁと思います
4人で並んでみようよ、との提案からいつもの並びに
客席から見て 加藤手越増田小山 の並びを"コマテカ"と呼んでいるそうで
確かにこの並び見覚えあるなぁってにこにこしちゃうね

小山さんが「ここ(脇腹)にANNIVERSARYって入れてくれたでしょー?」と言っていたり、メンバーも増田さんの愛をちゃんと受け止めているのもまた微笑ましかった!
ベルトに4人それぞれ NORTH,EAST,WEST,SOURTH と刻んであるのを見せるためにおもむろに自分のTシャツをまくりだす増田さんに会場悲鳴
「こやまも」と呼び寄せて「ベルト見せて」と言い、小山さんもTシャツも捲り上げてたのですが、その時に小山さんの肩に噛み付く手越さん笑
自由か!そういうところも好きだけど!!


・グッズの話
今回結構売り切れてるんだよね、という話の流れから
買えなかった人もいっぱいいるから、まだ相談段階だけど通販かなんかで再販できないかって掛け合ってるとのこと
テゴ「みんな欲しいよねー?」
\\欲しい~!!//
「この反応聞いたら(上の人も)動くでしょう!」
ってファンの立場に立って、ファンの力も使って(笑)、大人を動かす手越さんを始めとしたNEWSくんのやり方がめちゃくちゃクレバーで優しくて胸に刺さった

「10周年の時に時計が売り切れたから!今回たくさん作ったら!作りすぎた!!」ってがっくり崩れ落ちる増田さん(笑)
綺麗に orz ←この姿勢になってて笑った
「1人6個設定だから」ってのもどこまで本当なのか分かんないけど、そうやってファンのことを考えてくれてるんだなぁって嬉しかったよ
作りすぎた!ってがっくりする増田さんに
「他が売れたの!」ってフォローする加藤さんがすごく好きな加藤さんだった

シゲ「朝が弱い人に配ってください」
コヤ「通販に時計があったら売れ残ったと思ってもらって笑」
とのことなので朝が弱そうな知り合いに配っとくね笑
この流れを聞きながら、本当にみんな優しいしこの世界には優しさしかないなと思ってました


・ゼロの話
急に「カズヤ!」って言いだすシゲアキさんに震えた
その後シゲマスで結構長尺でドラマの再現しててうぎゃ~!!って言いながらジタバタしてた(子供か)

1日目にゼロチームのみんなが見に来てくれたけど、小山さんだけまだ撮影入ってないからアウェー感あったと笑
「ドア開けたら間宮くんがいてさ!超カッコイイの!」ってテンション上がってる小山さん、濃い顔好き同盟組む?笑
シゲさんにその時の再現されて「お前(コンサートに)出てる側だろ」って冷静に突っ込まれてたのさすがのコヤシゲだったし、さすがシゲアキさんは濃い顔に慣れてらっしゃる(?)

これは両日やってたけど、手越さんに自分の役名フルネームで言わせるシゲアキさん
難しいのよ!って言いながらも言い切ったてごちゃんに会場中が良く言えたねぇ~☺️ってなってたよ♡(味スタ総保護者化)


・only youの話
急に「愚か者ぉ~!」ってやりだす手越さんに笑ったし、「小太郎入ってる」ってシゲアキさんに突っ込まれてるのも笑った

マス「小山も、0号室の客、おつかれ」
コヤ「古いな!」
シゲ「グレートティーチャーとかすっ飛ばしたな?!」
テゴ「オボエテマセン」
シゲ「それ俺の!」(反応早い、よく分かったね笑)
自由なテゴマスに突っ込むコヤシゲが超NEWSだった笑
にしてもNEWSくんみんなそれぞれの過去のお仕事めちゃくちゃ覚えてるよね!すごい!


・「生きろ」通販限定盤の話
収録曲はヒロイズムさん作曲、NEWS作詞
曲だけはもうみんな聞いたけど、それぞれが作った詞はまだ知らない(byシゲアキ)とのこと
特典についても
「コンサート中にもヒントがあるよね」
「昨日来てくれた人は見てるよね~」
ってわかりやすい匂わせしてたよね

そゆとこだぞにゅすちゃん~!!


ドリフェスの話
既出だっけ…?ってくらいサラッと発表するから、会場が「え…?!」ってどよめいたよね笑
次々新しいお仕事の話出してくるにゅーすくんの4次元ポケット♡
15周年を迎えても内輪で盛り上がるのではなく外に外に発信していく姿が好きだなぁと思ったし15周年もNEWSくんに付いて行くよ!!


・テゴマス
「NEWS結成前から歌わせてもらってる」
「これがなかったらNEWSもなかった」
という言葉から「頼みますね、先輩」とドリフェスの流れも入れてサッとはけて行くコヤシゲがスマートだった


青いベンチ
NEWSのコンサートでテゴマスを聞けるとは…と感慨深かった
テゴマス2人がしっかりと目を見合わせて歌うのがすごく好きだし、最後にハグしてたのも胸熱だった


増田さんの衣装VTR
シュールでじわじわくる面白さと、大真面目に胸熱案件が多すぎて感情が忙しかった
リハ着でQUARTETTOのTシャツ着てるてごちゃんに愛おしさが爆発したけど、そんなラフな格好でおしゃれなカフェ?バー?的な場所で話してるシュールさがツボだった
あと、なぜか東京タワー前に佇む増田さん(笑)
コヤテゴシゲの「暑い!」「重い!」ってクレームコメントの後に
「気に入ってくれてると思いますけどねぇ~」とコメントしてる時に東京タワー消灯してたのが地味にツボだった(笑)

テゴ「増田が一番メンバーカラーに拘ってない」
コヤ「そういうのに捉われてない」
シゲ「メンバーカラーの衣装は作ったことないんじゃない?」
(言葉めちゃくちゃニュアンスだけど)
からの、
マス「4つ前のコンサートから考えてたことがある」
からの、4人の登場
この流れずるくない…?


Whiteのピンクファー衣装の手越さん
QUARTETTOの蛍光黄色セーラー風衣装の増田さん
NEVERLANDのカーキ迷彩衣装の加藤さん
EPCOTIAのOPの紫衣装の小山さん
でせりあがって出てきたとき思わず「うわ…やられた…」って声出たもん


増田半端ないって!あいつ半端ないって!4つ前のツアーから考えてるんやもん!そんなんできんやん普通?!
ってずっと胸がざわざわしてました(笑)
NEWSを誰よりも愛する増田さんだから出来ることだよね…完全にしてやられた…好き…


Share
メンステで4人並んで歌うんだけど後ろに過去の映像が流れてるのがエモい…

“みんなの愛と笑顔で 僕は優しくなれんだよ”
でメンバー一人一人とファンを手で指す手越さんに胸がぎゅん!となった
“今までもこれからもいつまでも 隣にいてくれてありがとう”
をメンバーに向かってありがとう、とお辞儀をしながら歌う加藤さんが好きだし、一緒にお辞儀をし返す増田さんが好き

コヤテゴ、シゲマスで歌割ってることもあり、この曲はシゲマスの印象が強いなぁ

最後、それまで客席から見て右から 小山手越増田加藤 だったのを、美恋の並びに揃えて 手越小山増田加藤 に並び替えて美恋の終わりにオーバーラップさせてるのが激エモだった
しかも、美恋の時は最初に泣いちゃって最後に泣き笑いの表情を浮かべていた増田さんが、過去の自分の真似して泣き真似した後に悪戯っぽく笑うのを見てすごくグッと来たよ…
Shareやフルスイングって涙の印象が強い曲だし、今回は同じ野外ということもあって美恋の映像に重ね合わせて見てしまってたんだけど、過去の涙に笑顔で塗り重ねていくところに今のNEWSの強さや逞しさを感じてまた泣きました


Touch
エンドレス・サマー
Touchの振り付けがめちゃくちゃ好きだからいつもガン見しちゃうし、毎回もれなくしげちゃんのお尻の観察しちゃうよね~!今回も良いお尻だった!!
イントロで1人ずつ投げチューしてくところでシゲアキさんが口の端だけぐいっとあげて笑うの好きすぎて無理です。語彙力がしにます。

エンドレス・サマーはいつものNEWS座りだったね!
どんなに広い会場でもぎゅぎゅっと4人で集まって座るNEWSくんが好き!

エンドレス・サマーめちゃくちゃ好きな曲なのに記憶があんまりない…
スクリーンでてごちゃんが歌ってる時に後ろで優しく微笑む加藤さんが見切れてたり、小山さんが抜かれてる時に増田さんがカメラに映り込んで行ってたり
そんなやりとりがすごく微笑ましかったです

 


ヒカリノシズク
この曲を歌う小山さんがなんとも言えない表情をしていて
今にも泣きそうな、儚げな表情に目が離せなかった
“涙をそっと拭ってしまうような”のところの振りをする小山さんがすごく綺麗で、それと同時にどこか危うさも感じてしまったことが強く心に残ってます
あと、初日に増田さんが自分のパートでない時に遠くを見つめたまま固まっていて、その表情にもまた目を奪われてしまったよ…


夜よ踊れ
無理。


前々からずっと夜よ踊れやって!と懇願していたから、初日は「やった!」と「やばい!」が入り乱れて情緒不安定になったよ笑
手越さんのパートがあって、小山さん、マスラップが来て…来るぞ、来るぞ…ってセルフで死へのカウントダウンしてました笑
で、案の定死んだよね!
加藤さんのセリフ後しばらく呆然としてたけど周りの加藤担もみんなそんな感じだったと思う。知らんけど。

2日目は次来るって分かってたから水飲んで呼吸整えて心構えしてたのにさぁ!
呑気にバンドメンバーと仲良さげな小山さんに癒されてる場合じゃなかった!
なにあのシゲマスのサングラス!!聞いてないんだけど!!

初日はフードを外しながら
2日目はサングラスを外しながら
おたくが好きなの知っててやる感じがずるい
シゲアキの掌で転がされるおたくたち…
転がすだけ転がしてから殺られるなんて本望です…

からのバンド紹介してる時に、ステージ上でそっと後ろを向いて静かにフードを被り直すシゲアキさんが超好きなシゲアキさんだった

 

JUMP around
この流れはずるい
無理じゃん、生きれないじゃん
爆イケシゲアキの舌出しシャーを見て再びしぬ
で、特攻バーン!で飛んだ意識を連れ戻される
とんだ荒治療だよ!!

正直この二曲は加藤さんのせいで他の記憶がありません!!全部加藤さんのせいだ!!


紅く燃ゆる太陽
BLACK FIRE
紅く~は、アカペラバージョンも新鮮で良かった!
あと、NEWSってめっちゃ歌上手いな!?って新鮮に驚いた(n万回目の気づき)

BLACK FIREは炎がバンバン出ててすごかったです(偏差値3)
このエリアは格好良いNEWSが堪能できて良かった~!


15年前の自分へのメッセージ
手越さん
15年前の自分へ語りかける中でもファンへの愛が溢れてたね
家族や友人、ファンに感謝して、と重ねて言うところが、人や仲間を大切にする手越さんらしいなぁと思ってました
映像一発撮りだったのかな?
「あしゅっ、足を運んでくれた…」って甘噛みしても続けるてごちゃんに会場が「可愛いねぇ~」ってとろけてたよ(味スタ総保護者化再び)

シゲさん
15年前のシゲさんに向けたメッセージなのに、私自身に突き刺さってしまった…
”周りと比べてしまうことよりも自分らしくいることが大事”
改めてシゲアキさんの言葉が好きだなぁと思いました
15年後の自分はこんな風に言えるようになっているかな…こう言えるような大人になれるよう頑張ります…

小山さん
小山さんの話し方が完全にキャスターのそれで、そこで少し泣きそうになってしまった
これからもよろしくってファンにお辞儀をする小山さんの覚悟と決意、しっかり受け止めたよ
こちらこそよろしくね

増田さん
今回のライブは増田さんに何度も泣かされました

“今日ここに来てくれた方も、来られなかった方も、一緒にNEWSを盛り上げましょう
15年前の僕へ、僕は今幸せだよ”

こんなに簡潔に、でもこんなに圧倒的に人の心を撃ち抜く言葉はないよ…
初日はこの言葉に圧倒されてぼーっとしている間にNEWSニッポンが始まってしまって、聞いてるうちにじわじわと効いてきて、結局NEWSニッポンの間じゅうメソメソしてました
2日目は15年前当時の増田さんが話してるところからもうじんわりと泣いてた笑

Happy Birthdayでも「みんなの未来に幸あれ」と替え歌していたように、いつでもファンの幸せを願ってくれる増田さん
そんな増田さんがちゃんと“自分が”今幸せだって言ってくれたことがすごくすごく嬉しくて、胸が熱くなった
ファンを安心させるためだとしても、幸せだよって言葉をくれてありがとう、そんな増田さんが大好きです


NEWSニッポン
渚のお姉サマー
NYARO
ハッピが可愛いなあと思ったことは覚えてるんですが、ずっとメソメソしながらコールしてたのであんまり記憶ないです笑

渚サマーとにゃろは4人バラバラのステージにいたんだけど、1人しゃかりきに踊る小山さんが超可愛かった♡
ラブソングみたいに~のところで1人でもちゃんとおっきなハートの一部を作ってたのも超可愛かった♡

お気付きの通り、この二曲の時小山さんが前にいたのでずっと小山さんばっかり見てました笑
だって可愛かったんだもん!


星をめざして
チェリッシュ
一転、しっとりモードに
星をめざしてで、サビの振り付けみんなでやるときに上から見てるとペンラの光が上から下に下ろす→四段階でまた上に→下に下ろす のフリがめちゃくちゃ揃ってて感動した
おたくたち、今回めっちゃ歌ったし踊ってたよね
この辺はペンラの動きが綺麗だなぁと思ってたし、どっかの曲の時に手越さんかな?も「ペンライトすごい綺麗だよー」って言ってた
照明もあんまり激しくないからこそ余計にペンライトの光が目立っててよかったなぁ 

 


四銃士(初日のみ)
4+FAN
この衣装で、このタイミングで歌うのが意外だった四銃士
4+FANの時に、花道を歩いて帰ってくるところを途中でアリーナに降りて走り回るシゲアキさん
私の席がメンステ近くのスタンドだったので、いやシゲさんここ通るはずだったんじゃないんかい!?ってちょっとなったけどすげー楽しそうだったので無問題です!僕らファンタスティックなんで!(?)


Stand Up
希望~Yell~
めちゃくちゃStand up!コールしたね~!
コールしながらテゴちゃんの生着替えを見せられるという謎展開もあり(笑)
2日目、お着替え後カメラが寄ってきた時に
「あっち向いてホイしよ~?あっち向いて~全方向~!!」って両手ごにょごにょ動かしてたテゴちゃんにめっかわ大賞あげる!

全員のお着替えが見られるのかと思ったら増田さんさっさと着替え完了してカメラの前に出てきて笑ったよね
さすがガードの堅い男!

増田さん→シゲさん で箱が渡されるんだけど、これを実況してる小山さんが2日とも嬉しそうに、"スペシャルなBOX"呼びしてて、「生きろ」通販盤のスペシャルBOXに関係あったりするのかな~?って初日に思ってたら2日目のMCでもコヤテゴ2人でそんな風なこと言ってて、この~匂わせちゃんが☺️☺️ってにやけた

2日目、小山さんが寝っ転がってStand upコール待ちしてて、それに増田さんも乗っかって2人で寝っ転がるんだけど、最終的には小山さんが増田さんの手引っ張って起こしてあげてて仲良しかよーってなるの巻

からの、カメラに向かって落書き
ここはツイートしたので





この2曲は初期の曲だけど今改めて聞いてめちゃくちゃ歌詞が沁みるなぁと
NEWSくんの応援歌は心にじんわり染み渡ります

 


SHOCK ME
ここにきてガッツリ踊るのキタ!?とびっくり
「今SHOCK ME!」のコヤシゲがやばい
2回とも客席から悲鳴が聞こえたもんね…
コヤシゲやってんな~?!(もっとください)


KAGUYA
サヤエンドウ
裸足のシンデレラボーイ
ぐるっと外周を回る曲たち
いちご投げてたね🍓(記憶力の限界)

個人的にはサヤエンドウでシゲ!コールがしたかったので、サビだけだったのがちょっと残念だったなぁなんてね


BYAKUYA
からのキタコレ!
バクステが階段状になるのが好きだった
この曲はライブ映えする、というかパフォーマンス映えする曲だよね
音源だけ聞くよりパフォーマンスがある方が迫力が出るし魅力が爆発する曲
これからもライブでやってほしい!
まあ、ファン人気もあるしNEWSくんも好きそうだしやってくれるかな(笑)


さくらガール
どのライブでも、この曲の時にいつも照明がピンクになって桜の花びらが天井や壁に映し出されるんだよね
それが、いつもこの曲への愛を感じてすごく好き

最後に増田さんが手に文字を書いてるとき、その周りをぐるぐるするコヤテゴシゲが増田さんのこと見ながらニヤニヤしてたのめちゃくちゃ愛おしいNEWSだった
15年ありがとう だいすき そんなメッセージが嬉しかったよ

 


Fighting Man
LPS
Fighting Manの振り付け好きよ!
コヤシゲをテゴマスで挟むフォーメーションだったり、終始コヤシゲ、テゴマスの歌割りだったり、あんまりない形なのが結構好きです

初日に音響トラブルで、Fighting Manの出だしの音が上手く出なくて(上の音が出ずベース音と装飾音だけが出てる感じ)やり直したんだけど、歌い終わりに「ごめんめっちゃずれた」ってボソッと呟いてた増田さんの素の仕事人な感じが…ウワ~!!好き~!!

LPS終わりに一時中断してトークでつなぐことに
増田さんが「『ごめんめっちゃずれた』って言ったのが手越の歌にかぶってなんかもっとごめん」って言ってたのが良きテゴマスだった


初日は増田さんが割とずっとイヤモニを気にしてて、時々歌い始めに遅れたり少しずつズレていってるところもあって、イヤモニ調子悪そうだな~って思ってたんですけど、なんかの曲の時にオンマイクでボソッと「音絞って」って言ってたのが性癖にどストライクな仕事人たかぴーでした。好き。

トーク中、
増田「ちょっとまってね、機材トラブル!」
小山「素直に言うんだ?!笑」
って言ってたけど、9時以降音出しちゃダメ、という裏事情をMCで教えてくれたし、そういう話を正直にしてくれるNEWSくんのファンへの向き合い方がすごく好きだなぁと思いました

さっきトラブルあったの気づいた?という話で
手越「こんな経験俺らも初めて、初めてを共有できたね♡」
などとコヤテゴマスが話す中黙っているシゲさん
ぽかんとしてるのを見つかり「シゲ気づいてないんだけど!」とバラされる笑
「気づいてたけど!自分たちが聞いてるイヤモニの音だけかなって思ってたの!」と言い訳するシゲアキさん愛おシゲアキポイント超高かった!可愛い!!


「生きろ」
初日、歌前に「格好良くキメるはずだったのに…」とちょっとしょぼくれながら話すシゲアキさんもめちゃくちゃ愛おシゲアキだった

でも、そっから格好良くキメるのが流石だよね

15周年だからNEWSのメンバーもドラマに出てくれてありがたい
何回でも何万回でも感謝を届けていきたい

そんな言葉の後に始まった「生きろ」
良い歌詞だよなぁ~ほんとに
初めてのフル披露だったけど、2番の「終わりなき青春」って歌詞が特に好きでした
パンフレットの ”あなたにとってNEWSとは?”の問いに「終わらない青春」と答えていた加藤さんを思い出してまた泣ける…

学生のころからずっとNEWSとしてやってきた彼らにとってはNEWSとして過ごした日々こそが紛れもない青春であり、NEWSとしての未来はこれからも続くんだよね
NEWSの青春は終わらないんだよ…

最後、花火が上がったのもすごく綺麗だったなぁ
初日が花火がとっても良く見える席で
NEWSさんたちも一緒になって嬉しそうに花火を見上げてたのが、一緒に同じ景色を見てるんだ、同じ感動を共有できてるんだって嬉しかったなぁ

2日目はコヤテゴシゲの3人が本当に鬼気迫る表情で歌っていて
最後だ、全て出し切るぞ!って気迫に圧倒された
増田さんもすごく気合が入っているのは伝わってきたんだけど、いつもの穏やかさや優しさは保ったままで、物凄い気迫で歌う手越さんからパートを引き継いでもいつもの増田さんのままで、そんなところにも安心したよ
歌い終わったあとコヤテゴシゲは呆然と立ち尽くしてて、今にも泣きそうな表情もしていたんだけど、増田さんはすごく穏やかな表情で、ファンと一緒ににこにこと花火を見上げていて
あぁ、この人は変わらずいつもの、普通の増田さんでいてくれる、という安心感と
そんな増田さんが好きだなぁと改めて思ってました

 

 


あぁ、セトリに沿って書いていっただけでこんなに長い…
最後まで読んでくれる人いるかな…?(笑)

 

まずは2日間お疲れさまでした!

野外での15周年のお祝いのお祭り、天気にも恵まれて本当に良かった!

シゲさんが「神様っているのかもしれない」と言っていたけれど、きっと日頃の行いを神様は見ていてくれたんだと思うよ!

 

この2日間(グッズプレ販なんかも合わせればもっとだけど)は、本当に沢山のNEWSからの愛を感じました

この人たちはどこまで優しくて、どこまでファンのことを愛してくれるんだろう

そんな両手いっぱいの愛に負けないぐらい沢山の愛をお返ししていきたいなぁと思ってます

 

ここ数ヶ月、色んなことがあったね

本当に色々あった

だからこそこうやって笑顔で15周年のお祝いが出来たことが本当に嬉しい

謝罪も、葬式みたいな空気も自粛ムードもいらない

ただひたすら笑っていられる空間がそこにあったことが凄く嬉しかったです

 

NEWSとNEWSのファンって湿っぽいところがあるし共依存的なところもあるじゃん?

強く繋がろうとするほど、拗らせると大変なことになると思うんだけど、

それでもきっと彼らと私たちはこれからもこうやってお互いを必要としながら、必要とされることに喜びを感じながら、アイドルとファンという不思議な関係を続けていくんだろうなぁ

君らがいないとダメなんだ!ってそんなちょっと重い愛を投げつけ合いながら、楽しくやっていこうよ!

だって好きなんだもん!

 

そんなことを思いながら過ごした2018年の夏でした

エンドレス・サマーを聞くたびに、あの夏というフレーズを聞くたびに思い出したくなるような、そんな夏になりました

 

まあ、夏は終わってもNEWSの15周年は終わらないので!!

NEWSとの未来はこれからも続いていくので!!

ゼロでしょ~?「生きろ」でしょ~?ドリフェスもあるじゃん?

あ~忙しい!!けど嬉しいね!楽しいね!

 

NEWSと見るこれからの未来は 鮮やかで輝いていて広い ような気がしてます

てずてってとって愛してるよ~ブラザ~!!

 

怒涛の6月が終わりました

いや〜長かった!長かったね!!

平成最後の6月がこんなに長いとは思わなかった!

なんかもう6月の最初のほうとか記憶ないもん!



ということでNEWS担各位、お疲れ様でした

みんな少なからず悩み、傷つき、不安になったと思います

例に漏れず私も死ぬほど不安になりました



個人的な事情も含めて本当にこの1ヶ月は上手くいかないことばかりで、私が何をしたってんだ!?って世界を恨みそうになりました

(嘘です。恨みました。酔った勢いで「私なんか悪いことしたっけ??なんで!!なんでこんなに何も上手くいかんの?!世界が私に冷たすぎん??」って泣いてました。今思えば普通にやばい奴。)



でも、今振り返れば悪いことばかりじゃなかったなとも思います

いや、起こった事実としては悪いことばかりだったんですけど、これだけいっぺんに色々と起こることなんて今後そんなにないと思うし、世界が3周ぐらい回ってその分強くなったなぁと思います




喜びは有限。悲しみは無限。

これはシゲアキさんの著書「傘を持たない蟻たちは」に出てくる言葉です


今月文庫版が発売になった傘蟻

単行本の時に読んではいましたが、文庫版も購入したため久しぶりに読み直したところ、この言葉が本当に心に沁みました



6月前半までの私は悲しみばかり拾い集めて際限なく悲しもうとしていました

というかそうすることしか出来なかったのです


良いことなんて全然ないし、悪いことばっかり目につくし

完全に負のスパイラルに陥ってました

聞く音楽も暗いものばっかりで

自ら病みの闇に足を突っ込みに行ってた感じなんですけど、その時の私にはそうする以外の選択肢がなくて

どん底まで落ちたらいつかは上がって来られるかなってわずかな望みをかけて全力でやってくる悲しみに向き合おうとしてました


でも、落ちようと思えばいくらでも落ちていけるし、悲しもうと思うと本当に際限なく悲しめるんですよね



例の報道があってから1週間ぐらいは本当に色々と考えました

色んなことが次から次へと頭の中に湧いてきて、その度に不安になって


でも1週間ずっとその状態だと流石に疲れる(笑)


悩み疲れた私は悟りを開きました

側からみたらこれはこれでやばい奴なんですけど、色んなことを考えることをやめました

というか考える気力もなくなったという方が正しいかな


正直もうなんでも良くなった

いや、良くはないんだけど

世界なんてなるようになるし、なるようにしかならない

そんなことを思ってました

私がどれだけ考えたって変えられないことについて悩むことはやめようと思いました


あぁ私には何も変えられないんだ、という無力感を抱くことはそれはまた悲しいんですけど、虚無感が勝手に背負ってた当事者意識を追い払ってくれたのかもしれないです


NEWSのファンとしては確かに当事者なのかもしれないけど、私はNEWSじゃないし

今後の活動についてメールやハガキで意見を送ることはできても決定権なんてないし

あ、この件について私が考えるべきことなんて何もないんだな、と気づきましたね


悟りを開いたことであらゆることに無気力になってしまったのでこの期間にメールやらハガキやらを出すことが出来なかったのは少し後悔しているのですが、義務感とか責任感で押し潰されるよりは心を保つことの方が大事だったのでまあ仕方ないかなと思うことにしてます



そして、悟りを開いた後にやってきた開き直り期


自分自身が無力なことは分かった!

分かったからもうどうにでもなれ!

と開き直る


開き直って馬鹿みたいに明るい曲を聴くようにしてみたら本当になんかちょっとメンタルがいい感じになってきたんですよね


アホみたいな理論で自分の心を騙すことでなんか良い感じになった、というめちゃくちゃ頭の悪い荒治療なんですけど、この頃に私のiPodD.T.Fプレイリストが出来ました

(D.T.F、BE FUNKY!、Smile Maker、なんとかなるさや、各種トンチキソングやワンチャンソングから成ってます)


この6月の私を救ってくれたのはUR not aloneのような曲ではなく、今夜はバカになれ!難解な人生もいっそタノシメ!苦しい時こそ笑え!なんとかなるさ!って曲たちでした


6月前半の私は過去の自分のことも信じられなくなっていたので、あの日の僕、とか言われても、共に乗り越えてきたじゃないか、とか言われても多分「知らんがなぁ!!」ってなってたので(笑)


こんな時は、全部忘れて馬鹿になっていっそ楽しんじゃうか!人生マジハードモードだな!!と笑い飛ばすほうが吉かなと


いつの間にかそんなことも考えられるようになりました




本当に色んなことが降りかかってきた6月

どうしようもないこともどうにもできないことも山ほどあって

というか自力でどうにか出来たことの方が少なくて

でも、だからこそ適当に生きる術を身につけられた気がします

良い意味で適当にあしらうことを、現実逃避することを学びました



あと、かさぶたを剥くことをやめました

私は今まで、過去の苦い思い出や辛いことを、繰り返さないためにも忘れないように心がけていました

治りかけのかさぶたをあえて剥くことでもう一回その痛みを身をもって感じる

そうすることで、過去の悔しさをバネに頑張ろうと考えてました

我ながらすごくシゲアキ的思考(笑)


ですが、流石に追いつかなくなった

かさぶたを剥いている暇もなく次から次へと新しい傷が出来る

こりゃ無理だ、

全部いちいち剥いてたら出欠多量で死ぬなと

で、剥くことをやめた

ついでに言うと、もうなんか全てがどうでも良くなって新しい傷の手当てもやめた(笑)

そしたら新しい傷が思ったより深かったらしく、出血しすぎて意識が飛んだ

けど、いつの間にか血は固まってて、2,3日後に意識が戻った

自分の周りを見てみると確かに血だらけなんだけど、傷口は固まってるし昔の傷のかさぶたも目立たないくらいに治ってて、あれ?案外大丈夫じゃん?ってなった

みたいな感じになりました


今は精神的な傷には時間が一番の特効薬なのかもしれないなと思ってます

時間が経てばある程度の傷も血は止まるしかさぶたにもなる

傷があったこともその怪我がどんなに痛かったのかもある程度は忘れられる

「忘れる」って本当に便利な機能だよなぁと思います


でもやっぱり全てを忘れてしまって同じことを繰り返したくはないので、傷の痛みを痛みそのものとして記憶、再現するのではなく、痛みがあったという事実を覚えておけば良いやと思うようになりました


傷跡の写真を撮っといてたまに見返して、これをやるとこんな傷がつくんだ、なんか痛かったな

ぐらいの記憶で良いやと



そうしていくうちにいつか、この6月のことも笑い話に出来るんじゃないかなと思ってます


多分、味スタではまだ号泣すると思うんですけど…




最後に、普段感情が読めない、とか、何考えているのか分からない、とか言われがちな私がこんなに泣いた6月

泣きながらも妙に冷静なもう1人の自分が、私ってこんなに感情を動かせたんだ…って驚いてました

こんなきっかけで自分の心に触れたくはなかったんですけど、これからは!2018年下半期は!良い方向にいっぱい感情を振り動かして行こうと思います

喜びは有限ならば、今そこにある喜びを精一杯愛して抱きしめてあげたいからね!



だからまずは!みんな笑顔で!15周年を目一杯お祝いしような!!

愛してるよ!NEWS!!!!

下半期もよろしく!


推しメンがアイドルを卒業しました

2018年6月20日

日本武道館

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャ

 

このコンサートでモーニング娘。’18の推しメン尾形春水ちゃんが卒業しました

 

グループで一番熱を入れて応援していた子が卒業すること自体が初めてだったのですが、卒業発表がされてから卒コン当日を迎えるまで、なんとなく寂しいなぁ、悲しいなぁとは思っていてもいまいち実感がありませんでした

 

まあ、自分自身のあれこれや担当グループのあれこれに心を悩ませ続けていてそれどころじゃなかった部分もあったんですけど!!(ここ笑うところです)

 

 

推しメン、とはいってもモーニング娘。自体をそこまで熱心に追いかけられていたわけでもなく、あくまでライトに、在宅でゆるゆるファンをやっていられれば良いかな~というスタンスだったのですが、私を娘。ちゃん沼にはめた張本人から卒コンチケット取れたよ!との報告を受けたのでありがたく、推しのアイドルとしての最後の姿を拝みに行くことにしました

 

元モーニング娘。工藤遥ちゃんの卒業コンサートをライブビューイングで見に行ったことはあったのですが、生の卒コンは今回が初めてでした

そのどぅーの卒コン後にこう呟いていたのですが、

まさかその日がこんなに早く来るとは思わなかったよね…

 

とはいえ、初の生卒コン、初の武道館が推しの卒コンというのもまた趣深いなぁとしみじみ思ってました

 

 

はーちんの姿を生で見たのは、ひなフェス、春ツアー、そして今回の卒コンの3回

そしてこの卒コンが3回の中で一番近かった!

ステージ下手側のスタンド席だったのですが、スロープみたいになっているところからほど近い席だったため、メンバーがこちら側に来た時にはまあよく見える!

えりぽんエストほっっそ!!と盛り上がってました

普段から細いとは思ってたけど、生で見るとマジで引くほど細くてびびります

 

そして、これは体感なのですが、はーちんはステージ下手側のポジションが多かったように感じたのでこれまた良い席だったなぁと思ってます

 

私は割と普段から自担ロックオンタイプなのですが、今回はいつにも増して「一秒でも長くはーちんの姿を目に焼き付けよう」という心意気で臨んでいたので今回は本当にはーちんのことしか見てませんでした(笑)

 

でも、それぐらいはーちんのことが大好きだったんだよ

 

 

最後まではーちんらしい優しくてあたたかくて笑顔があふれる素敵な卒コンでした

尾形春水卒業スペシャル」と書かれた看板を見たときに少しだけ実感が湧いてきて、

オープニングにはーちんが列の先頭を歩く姿を見ただけで少し目に涙が浮かんでしまったけれど

 

公演中何度も何度も会場全体を見渡して嬉しそうに微笑んでいたはーちん

最後にこの景色を目に焼き付けようと思っていたのかなぁなんて勝手に思ってました

 

 

 

卒業発表をしたとき、正直まだ早いと思った

卒業前最後のシングルが発表されたとき、正直少し悔しかった

 

泡沫サタデーナイト!のMVを見て一目惚れした女の子

私は、娘。ちゃんの中ではーちんが一番可愛いと思っていたし、

 世間が見つけてくれないのはおかしいと思ってた

もっともっと露出を増やしてほしかったし、歌割りだってもっともっと欲しかった

もっともっとはーちんコールがしたかったし、もっともっと曲の良いところではーちんの顔が抜かれて欲しかった

 

全部いちファンのわがままなのだけど

 

実力とか人気とかそういったもので歌割りやポジションが決められてるのは分かってる

ましてや女性アイドルの中でも高度なパフォーマンスや歌唱力に定評のあるグループだからこそ、なおさらそこにはシビアなんだろうなってことも分かってる

それに、現状のこのグループでセンターを張れるほどの実力や人気を彼女が備え持っているとは言えなかったことも分かってる

 

でも、いつかはそんな日が来ると思ってた

これも私の勝手なわがままだったけど

 

だから寂しい、とか悲しい、に負けないぐらい悔しい、という感情が私の心に渦巻いていました

 

 

でも、違った

全然違った

まあ確かにコンサート中に、

もっとはーちんを映してよ!今日が最後なんだから!と思いたくなる瞬間はあったし、

卒業コンサートという名目が無くても当たり前のようにはーちんがいっぱいカメラに抜かれる未来を見たかった…と思ってしまう瞬間もあったけれど

それ以上に多幸感に溢れたコンサートだった

この子を推してきた良かったと思ったし、やっぱり私の推しメンは最高だと思った

 

出会う人みんなを笑顔にする、その笑顔でみんなを幸せにできるあなたは最高のアイドルでした

そしてはーちんがメンバーにとってもとっても愛されていたことが伝わってきて、それが何よりも嬉しかったのです

 

 

卒業セレモニーもはーちんらしく、笑顔がいっぱいのとても楽しいセレモニーだったね

セレモニーの前、会場中に響くはーちんコールと、会場中がシーブルーの光で埋め尽くされた景色を私は一生忘れません

 

最初で最後のこの景色を全力で目に焼き付けようと思ったし、私も全力でこの光の海の一部になろうと思った

なんて柄にもなくロマンチックなことを考えながらずっと号泣していたのだけど(笑)

 

 

体中にはーちんコールを受けながらシーブルーのドレスを身に纏って現れたはーちん

やっぱりあなたは世界一シーブルーが似合う女の子だよ!!

 

ステージ中央で一人で「涙が止まらない放課後」を歌う姿を見ながら

涙止まらないわ~!あなた優しすぎるから~!!って泣きました

選曲も、その笑顔も、ちょっと不安定な歌声も、全部全部アイドルとして大正解だったよ!!!!

 

 

そしてメンバーからの送る言葉

ふくちゃんの、思った以上にはーちんのこと好きだったんだなって言葉も、

えりぽんと、「焼き肉行こうね」「ご馳走様です!」「がんばりま~す」って愉快な掛け合いしてるのも、

はるなんとのWはるなの絆や、尾形のことが本当に好き、という告白も、

あゆみんのお母さんみたいな優しさと激励も、

小田ちゃんのモーニング娘。にささげた10代を大切にしてほしい、という言葉も、

どの先輩の言葉も優しくてあたたかくて、みんなはーちんのことが大好きでとても気にかけてくれていたんだなぁと思ったけれど、その中でもまーちゃんの言葉がとても心に残りました

 

尾形のあんぽんたんエピソードの暴露から始まるあたりめちゃくちゃまーちゃんだなあと思ったけれど(笑)、

その後のはーちんがまーちゃんに「音楽が怖い」と相談した話

その一番落ちているところを見ていたから、よく立ち直ったなぁと思ったというまーちゃんの言葉

はーちんが初めて頼った先輩、まーちゃんが初めて頼られた後輩

そんな2人の関係がとても素敵でした

コンサート序盤に「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」でまーちゃんがはーちんに駆け寄って抱きついていたり、「What is LOVE?」であかねちんと共謀してはーちんをステージ中央に引っ張ってきてサプライズを仕掛けたり

まーちゃんのはーちんへの愛を感じました

まーちゃん良い先輩になったねぇ…泣

 

というか、What is LOVE?は全員で♡を作るときにメンバーが揃って♡の中心にいるはーちんの方を向いていたり、まーちゃんあかねちんの煽りに合わせてモニターにも文字が出ていたりと各方面からの愛を感じました

はーちん、愛されてるよ君は!!

はーちんがにっこにこの笑顔でうれしそうにしてたのも印象深かったです

 

 

セレモニーに話を戻しますね

後輩からのメッセージも

可愛い後輩に会いたくなったら連絡してください!って愛嬌たっぷりに伝えたよこやんも、

「好き」って言ってくれて嬉しかった、というかえでぃーも(そして最後までかえでぃーにデレデレなはーちん笑)、

「これからも友達として仲良くしてください」(はーちん言葉に詰まって返事できず)「仲良くしてくれないの?!」がめちゃかわだったちーちゃんも

三者三様で良かったです

 

そして最後に同期である12期3人からの言葉

今日は春水ちゃんを笑顔で送り出したいので泣きません!と宣言して本当に泣かなかったちぇる

個人的に、一人だけ「春水ちゃん」呼びな所が関係性萌えでした

春水ちゃんの優しいエピソードを出すために自分のあんぽんたんエピソードを披露してたあたりがめちゃくちゃ愛おしかったけど、最後に一生同期なので!って言いきってくれたところが凄く頼もしかった

 

尾形春水ちゃんへ」って、手紙の朗読?ブログなの?って始まり方をしたまりあちゃん

「ずっとはーちんにいてほしい

これからもはーちんにいてほしかった

いつも自分の思いを飲み込ませてしまってごめんね」

というまりあちゃんの心からの声に思わず心がぎゅーんっとなりました

いつものブログのように

明日も、嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいあるといいね

で締めるあたりはまりあんらぶりんらしいなぁと泣き笑いしました

 

あかねちんとは同期として、だけではない親友のような絆を感じました

「今後は―ちん以上のかけがえのない人に出会えないんじゃないかな

強がってしまうところが似てる、強がってるのに強がってることに気づけないところが似てる」

そんなたくさんの時間を一緒に過ごしてきたからこそ言える言葉にとても重みを感じました

 

 

メンバーが本当にみんな口をそろえて

はーちんは優しい

はーちんはいつも笑顔

と言っていました

こんなにずっと一緒にいた人たちがそろいもそろってそう言うのだからあなたは本当に優しいのだと思います

でも、その優しさゆえに悩んだこともたくさんあったんじゃないかな

メンバーからは、

思っていることをもっと口に出して良いのに

とも何度も言われていたはーちん

 

あなたは、自分の力でモーニング娘。になるという夢を掴み取り、自分の力で大学合格も果たし、自分の意志でグループを卒業することを決意した人です

優しさだけでなく強さも備え持つはーちんだからきっとこの先何があっても大丈夫だと思います

だから、どうかこれからは尾形春水という一人の人間としてやりたいことをいっぱいして、わがままもたくさん言って、どんどん幸せになって欲しいです

 

 

「今、とっても幸せ」

という言葉のあとに披露された「Are you happy?」

私は幸せだけど、あなたは?と問いかけられているようでなんともいえない気持ちになりました

 

私は自分の好きなアイドル達には、アイドルである前に人間として幸せになって欲しいと常々願っているのですが、最後にこんなに力強く今幸せだよ!という言葉を聞けて本当に良かったです

 

 

しんみりしすぎることもなく、笑顔で、時に冗談も交えながら進んだコンサート

 

最後の最後もいつものように、はーちんらしく「ほなな!」と笑顔で去っていって

最後まではーちんだったなぁ…

 

 

いつもニコニコふわふわしていて、それでいて飄々としていて、いつの間にかどこかへふっと消えてしまいそうな儚さをもっていたはーちん

掴めそうで掴めないあなたの不思議な魅力に首ったけでした

 

 

私にシーブルーのサイリウムを振らせてくれてありがとう

最後にこんなに素敵な景色を見せてくれてありがとう

 

これからもずっと大好きです

 

明日も明後日も明々後日も、はーちんのこれから先の未来に、嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいいっぱいあるといいね!

 

ありがとう!大好きだよ!

 

ほなな!!

 

2018.06.24

2017年を振り返って

2017年も残りわずかですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、あっという間に一年が過ぎ去ってしまったことに驚きを隠せないのですが、一年の締めくくりにざっと2017年を振り返ろうと思います

 

1月

「4月からコンサートツアーやります!」という小山さんの発表で驚き初めをしたカウコン

紅白の司会のために会場に来られなかった相葉さんを背中に背負って歌う嵐4人、にっこにこでカメラに背中の相葉さんを見せる潤くんにほっこり

 


EMMAの初披露も元旦でした

なんだ…この歌は…この衣装は…この振り付けは…!?というのが最初の感想(笑)

そして、この歌が主題歌になるってどんなドラマなんだ…?!と思った「嫌われる勇気」の放送開始も1月でした

青山くん可愛い!!でTLが埋まったと言っても過言ではない3か月

青山わんわん可愛いかったよ!!青山くんは確かに、嫌われる勇気のヒロインでした

 


2月

EMMA発売

各種音楽番組でEMMAを披露するたびにこの曲が好きになっていった印象

この間のMステスーパーライブで久々にEMMAのパフォーマンスを見た気がしたけれど、相変わらずオトナなNEWSの色気全開でしたね!!

 


そして、2/20は乃木坂46橋本奈々未さんの誕生日であり卒業の日でした

もうすぐ一年が経とうとしているのに、いまだにふと思い出して寂しくなるし、録画の編集をしていると不意打ちにサヨナラの意味の映像を発見してしまい、ウッ!と自爆したりと相変わらずなのですが、奈々未さんはいかがお過ごしでしょうか?

元気にしていたら嬉しいです

奈々未さんはクールで格好良くて、でも優しくて可愛くて、とっても素敵な人でした

ずっとずっと大好きです

f:id:cashewnutsan:20171231163922j:plainf:id:cashewnutsan:20171231163957j:plain

御三家は永遠だから…!!

 


3月

少プレ、NEWSのごほうび旅 in沖縄

神様仏様少プレ様がただひたすらににゅすちゃんにご褒美を与えるだけの素晴らしき企画!!昨年夏の軽井沢に続き、本当にすばらでした

持つべきものは公共放送…

皆様の受信料がNEWSのごほうび旅になっているのです…(それはちょっと違う)

 

私も夏に沖縄旅行に行ったのですが、時間と場所の兼ね合いでNEWSの足跡をたどるコース案は華麗に却下されたのは残念ですが、沖縄ほんとにいいところだった!!

イチャリバ チョーデー!!

f:id:cashewnutsan:20171227130428j:plain

f:id:cashewnutsan:20171227130514j:plain



アルバム「NEVERLAND」発売

鍵開けに行ったよね~懐かしい!!

アルバムのテーマや世界観と、それに合わせた特典やプロモーションの仕方が天才過ぎてもう…大好きです

ここから私のNEVER LANDへの旅が始まるのです…

 


4月

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND in 宮城

NEWSでの初遠征!初宮城!

牛タン!ずんだシェイク!!

アリーナ!花道横!近い!!

 

思いのほかグッズ列が長く、入場ギリギリになってしまったので時間に余裕をもって行動することは大切だな、と思いました。(小並感)

 


5月

ごめんなさい、記憶があんまりありません!

あ、家の鏡が割れました!(不吉)

 


6月

NEVERLAND in 東京

NEVERLANDはアルバムの時点で大好きだったけれど、NEWSが作るNEVERLANDという世界を実際に見て感じることでますます好きになりました

アリーナとドームの両方に入れたことも嬉しかったなぁ

NEWSのキラキラアイドルなところも、二次元のファンタジーの世界から飛び出てきたようなところも、すごく人間臭いところも大好きだよ!

改めてそんなことを感じたツアーでした

今年もツアーやるよね??やってね??(言霊)(というよりはもはや圧力)

 



モーニング娘。’17 春ツアーのライブビューイング

まんまと沼に突き落とされに行きました

いや、もともと好きだったんですけどね、

THE!ハロプロ!という感じのエネルギー溢れるステージは圧巻でした

生で見てみたいなぁと思いますが、その日が来るのはいつになるのか、、、

これ以上沼を増やすのは危ないぞ、という自制によってなんとかなっていますが、現場へ足を運ぶ日も遠くないような気がします(笑)

 


欅坂46乃木坂46の握手会へ

なんか、6月めっちゃ充実してるね?!

ということでついに足を踏みいれてしまった接触イベ

欅坂では小林由依ちゃんと潮紗理菜ちゃん、乃木坂では西野七瀬ちゃんと握手してきました

もうね!!顔が!!小さいの!!

テレビで見るより可愛い~♡なんてもんじゃない

小顔過ぎてビビりました、そして目がクリクリ!

人生で初めての握手

推しちゃんを目の前にして硬直する典型的なキモオタになってしまったけれど、それでも笑顔でバイバイしてくれた推しちゃんの顔を一生忘れません!!

f:id:cashewnutsan:20171231164554j:plainf:id:cashewnutsan:20171231164616j:plain

いつまでも、全握券を一枚握りしめてドキドキしながら列に並んでいたあの感覚を忘れないようにしたいなと思うのですが、既に今シングルの個握券のために同じCDを複数買いしているのでもう何も言いません


 

7月

嵐のワクワク学校 in 東京

行ってきましたワクワク学校!

ちゃんとノート取りながら授業受けてきたよ!

潤くんかわいい!!とかしか書いてないけど(笑)

ちゃっかり初生セクゾくんも拝んできました

正直、自力で応募しただけだったのに百発百中で当たってびっくりしました

ですが、さすがに今年の嵐運はここで使い果たしたんでしょうね

ツアーは当たりませんでした…

というか、私の名義仕事しなさすぎじゃない??ワクワクはFC関係なしの申し込みだからノーカンじゃないの?

とは思いますが、今後運が巡ってくることを信じて良い子にしています

 


祝!加藤シゲアキ30歳!!

30代のシゲアキさんは大人の色気が爆発してて、歌番組のたびにやられてます

20代のシゲアキさんも大好きだったけれど、30代のシゲアキさんもきっともっと大好き

です!!

f:id:cashewnutsan:20171227130803j:plain

 


ぼくらの勇気 未満都市 2017

モリ!!モリちゃん可愛いよ!!モリ!!

キンキ兄さんも、相葉くんも、小原くんもみんな大人になっていて、20年の月日にジーンとしながら見ていましたが、やっぱりモリなんですよ!

めちゃくちゃクールに、格好良くなっているのに1997年当時の可愛さも残しているあたりが最高すぎました

キンキ兄さんに事あるごとに「あんなちっちゃかったのに、おっきくなったなぁ~」と言われていたのが印象的で思い出すたびにニヤニヤしちゃいます

 


8月

少プレ番協

初めて番協にあたったよ!びっくり!

少プレのLIVE収録に参加してきたのですが、もうね、良かった!!

後頭部だけとはいえ、NEWSさんと同じ画面に映ってしまったことは一生忘れません!

家宝にします!

 


24時間テレビ

テレキャスタートリオ!

ドラマの亀ちゃんシゲちゃんコンビも良かったです

潜水対決に召集される増田さんや、生MJ対決もめちゃくちゃ笑いました

そして、UR not aloneも良かった!!

この曲には今年何度も泣かされました…


 

9月

NEWS結成14周年!

ついに15周年イヤー突入ですね

ファンになって初めてのアニバーサリー感のある一年なので何かあるかな~とちょっとそわそわしていますが、とりあえずはいっぱいいっぱいおめでとう!!と言っていこうと思います

これからもよろしくね!!

 


10月

映画「ナラタージュ」公開

久々の映画!

うまく言葉にできない感情が心の中に浮かんではグッと飲み込むような、そんな映画でしたが、それでもいろんなことを感じられるとても素敵な映画だったなぁ

宣伝でいろんな番組に出ていたので可愛い潤くんがたくさん拝めたのも嬉しかったです

特にイッテQはめちゃくちゃ嬉しかったです

あの!ずっと見ていた番組に!潤くんが!!という感じ

しやがれのMJにおける潤くんのいじられっぷりはイッテQの手越さんに通じるものがあると勝手に思っていたので、実際にイッテQでいじられる潤くんが見られてとても楽しかったです

 


舞台「グリーンマイル」観劇

初グローブ座、初観劇でした

グリーンマイルも色々と考えさせられる作品でした

そして、あの膨大な台詞を覚えたシゲさんは凄い!!

グリーンマイルチームのみんなで仲良しなのも微笑ましかったです

f:id:cashewnutsan:20171227131204j:plain



11月

モー娘。ちゃんのカフェに行って来たよ!

過去のライブ映像やMVが流れていたり、衣装が展示してあったり、OGからのコメントもあったりと、盛りだくさんでした

20年の歴史を感じるとともに、20年続けるこの大変さや凄さを感じました



12月

「チュベローズで待ってる」発売

シゲアキ先生!待ってました!!

私はシゲ担だからどんな感想を言っても所詮贔屓目なんでしょ、となってしまうのが悔しいのですがほんとに面白いので色んな人に読んでほしいです

上下巻の大作だけどあっという間に読みきってしまいました

やっぱりシゲアキ先生すごいよ!(n万回目の気づき)



モーニング娘。工藤遥ちゃん卒コンライビュへ

アイドルの卒業関連のイベントに行くのは初めてだったのですが、もう涙腺が緩みっぱなしでした…


どぅーのソロ曲もメンバーからのメッセージも、その後も全部全部、可愛いのに、面白いのに、楽しいのに、何故だか涙が止まりませんでした

武道館が一面オレンジの光で埋め尽くされている光景は圧巻だったし、味方しかいないあの空間がとても素敵でした

私が今推しているアイドルちゃんも、いつか来る卒業の日にはこんな風に沢山の人に見送られて笑顔で卒業してほしいなと思いました



「NEWSICAL」

FNS歌謡祭で披露されたのを見た時は、すごい!にゅすちゃんかわいい!という思いとともに、ショートバージョンということもありストーリー的にも、衣装、設定等々にどのようなテンションで挑めば良いのかなどにも少し戸惑ってしまった部分がありました

ですが!25日のドキュメンタリーで全てがすっと心に入ってきました

やっぱりNEWSが好きだわ!私!

オフ感満載なメンバーの私服が沢山拝めたのもありがたすぎるよ…

しげちゃん首元緩いんだからもう〜!あの可愛いお帽子なぁに〜もう〜可愛いんだから〜♡

というBBA魂全開でデレデレしながら見てました

ヒゲはあんまり好きじゃないけどヒゲアキさんは好きです

でも、普段からヒゲにはしなくて大丈夫です、たまに見えるオフ感が好きなので

あと、コヤシゲ会談のときの、眼鏡とハットのオシャコンビはズルい

爆モテすぎるじゃん、ズルいじゃん〜!!


それから、不謹慎を承知で、体調の悪い増田さんに不覚にも萌えました

辛そうな小山さんを見るのが好き、という加藤さんの言い分も分からなくはない、

けど、やっぱりそこまでは分かんない!笑

私が体調不良萌えをしてしまうのは多分、親近感を感じるからなんですよね

テレビの向こうにいるあのアイドルも、私と同じように風邪も引くし、しんどくなる時もある

それでもそんな姿を見せまいと頑張っているんだと思うとますます愛おしくなるのです

それが、普段はアイドル性の高い人なら尚更なのです

でもやっぱり健康第一なので来年も体に気をつけて健やかに笑顔溢れる日々を送れるよう願ってます


クリスマスの終わりにこんなプレゼントをくれるNEWSのファンってとっても幸せだなぁと思います

NEWSが大好きだし、NEWSには幸せになって欲しい、アイドルとしても1人の人間としてもね

みんなで幸せになろうな!!



2018年はデビュー15周年イヤーということで何かまた大きなことをやってくれるんじゃないかなぁと期待しています!

早速シングル「LPS」と「NEVERLAND」の円盤の発売を控えているので2018年も良い年になる気がします!!というか良い年にしようね!!



さて、最後に少しご挨拶を

2017年も大変お世話になりました

相変わらず四六時中アイドルのことばっかり考えてるような人間なのですが、来年もゆるく優しくお付き合いいただけたら幸いです

2018年が皆様にとって素敵な一年になりますように!

それでは、良いお年を!!


2017.12.31


隠れた名曲を紹介シタイ #おたく楽しい #にわか楽しい

去年に引き続き今年も #おたく楽しい に参加させていただきます

もうこの季節がやってきたのですね~一年って早い!!

去年も欅坂46のことを書かせていただいたのですが、今年も書きます!!

ちなみに去年は欅坂46のメンバーのことなどを書かせていただいたので、欅坂46とは何ぞや?という方にはお手数ですがそちらも見ていただけたら幸いです

欅って、知ってる? #おたく楽しい - だいすきをあつめたら

そして今回は欅坂46の楽曲のお話をしようと思います

 

12/5現在でリリースされている表題曲5曲の中では隠れた名曲と言われることの多い2ndシングル「世界には愛しかない」と3rdシングル「二人セゾン」

 

私はこの2曲が大好きです

"笑わない""クール"そんな印象の強い欅坂ですが、この2曲ではそんな彼女たちの別の顔が見られます

この2曲の魅力をもっと皆様に知って欲しい!!ということで今回はこの2曲に絞って書こうと思います

 

○世界には愛しかない(以下:セカアイ)

・歌詞が良い!

この曲で特徴的なのはポエトリーリーディング(歌詞の読み上げ)です

写実的な風景の描写と心情の描き方がすごく綺麗だなぁと思います

 

歩道橋を駆け上がると、夏の青い空がすぐそこにあった。

絶対届かないってわかっているはずなのに、僕はつま先で立って思いっきり手を伸ばした。

真っ白な入道雲がもくもくと近づいて、どこかで蝉たちが一斉に鳴いた。

太陽が一瞬、怯んだ気がした。

複雑に見えるこの世界は単純な感情で動いている。

 

1番のAメロ内でのフレーズはこんな感じです

もう凄く良くないですか??

語彙力がなさ過ぎて悲しくなってくるんですが、とりあえずこのポエトリーリーディングがめちゃくちゃ好きです

 

 

欅坂46の楽曲には「大人」というフレーズがよく出てきます

その「大人」は、自分たちとは違う存在で、そんな大人には自分たちはなりたくない、と反抗する歌詞が多く見られます

(1stシングルの「サイレントマジョリティー」や4thの「不協和音」なんかがわかりやすい例かな)

セカアイでも、自分の気持ちに嘘をつき、体裁ばかり気にするような大人は忘れてしまった純粋な心を大切にしたいと歌われています

 

サビの初めでは

「世界には愛しかない 信じるのはそれだけだ」

と歌い

曲の最後はまたポエトリーリーディング

「自分の気持ちに正直になるって清々しい

僕は信じてる 世界には愛しかないんだ」

と締められます

世界には愛しかないんだと言い切れる力強さにめちゃくちゃ青春を感じる…

若いっていいね…!!

 

ポエトリーリーディングに限らず全体的に歌詞がとても綺麗で好きです

中でも

「涙に色があったら 人はもっと優しくなる」

という歌詞にグッと来ます

 

THE!夏!というような夏曲ではないけれど、爽やかさとちょっとした切なさが青春時代の夏という感じがします

 

・衣装が良い!

白を基調とした夏らしく爽やかな衣装が可愛くて好きです

f:id:cashewnutsan:20171205015854j:plain

 

・笑顔が良い!

メンバーの笑顔が眩しいこの曲

個人的に注目して欲しいのはセンターの平手友梨奈ちゃんの向かって斜め左後ろにいる菅井友香ちゃんのとても素敵な笑顔です

f:id:cashewnutsan:20161218113201j:plain

 

・曲が良い!

イントロからもうめっちゃ格好良い!!

特にギターが格好良いです

私もギターかき鳴らしたくなる!!(弾けないけど)

 

 

衝撃のデビューシングル「サイレントマジョリティ」の次の曲ということで期待値も上がっている中でのセカアイでしたが、本当にサイマジョに遜色のない素敵な楽曲です

MVも夏らしく爽やかな青春感あふれるものなのでぜひ見てみてください

 

この曲と、乃木坂46の「裸足でsummer」、NEWSの「恋を知らない君へ」を聞くとあぁ…2016年の夏、いい夏だったなぁ…(遠い目)となります

2017年も良い夏だったし、2018年も良い夏になるといいね!!

アイドルちゃんの夏曲大好き芸人なのでこれからも良曲期待してます!

 

 

○二人セゾン(以下:セゾン)

この曲はもう、全部が好き!!

歌詞、メロディー、振り付け、衣装、MV、メンバーのコンディション(笑)…

全部最高!!という感じ

 

二人セゾンという曲名からもわかるように、この曲はコンビ厨ホイホイです(笑)

二人組になって手を取り合う振り付けなども多く取り入れられており、どの子とどの子がペアかな~なんて見るのも楽しいです

Aメロの

小池美波ちゃんと原田葵ちゃん

f:id:cashewnutsan:20171205125057j:plain

(画質悪いですが、左が小池美波ちゃん、右が原田葵ちゃん)

 

今泉佑唯ちゃんと小林由依ちゃん

f:id:cashewnutsan:20171205124900j:plain

(左が今泉佑唯ちゃん、右が小林由依ちゃん)

 

Bメロの

菅井友香ちゃんと志田愛佳ちゃん

f:id:cashewnutsan:20171205125224j:plain

(左が菅井友香ちゃん、右が志田愛佳ちゃん)

あたりがわかりやすく2人ペアでの振り付けをしています

 

・振り付けが凄い!

バレエをモチーフにした振りが多く、バレエ経験者の原田葵ちゃん佐藤詩織ちゃん、ダンスが得意な鈴本美愉ちゃん、齋藤冬優花ちゃんらフロントメンバーのポテンシャルを発揮させる振り付けなのがまた天才だなと思います

特に佐藤詩織ちゃんのターンやその他諸々の所作が死ぬほど綺麗なので注目してほしいです(基本のフォーメーションでは前列の左から2番目の子)

f:id:cashewnutsan:20171205130242j:plain

この写真では中央にいるのが佐藤詩織ちゃんです

手足の伸びがバレエやってた人のそれでめちゃくちゃ綺麗!

 

それから、平手友梨奈ちゃんの落ちサビのソロダンスも格好良い!

迫力と表情、表現力が圧巻です…

そして最初と最後にメンバーたちが作る欅タワーにも注目して欲しいです

f:id:cashewnutsan:20171205130409p:plain

よっ!これぞ団体芸!!

バババっと手を上げていく様もキレイなのでぜひ動画で見ていただきたい …

 

・衣装が凄い!

この曲の衣装において語っておきたいのがマタドール!

マタドールと聞くとNEWSファンの皆様はアレを思い出すかもしれませんが(笑)

サビの「日常を輝かせる」のところで手をぐるんと回す振り付けがあります

そこでわざとスカートも一緒に少しはらってめくることで赤色の裏地を見せる技のことを通称してつけられたのが”マタドール”

ちなみにこれはメンバーの鈴本美愉ちゃんが考案したものです(命名したのは誰なんだろう…笑)

f:id:cashewnutsan:20171205130450j:plain

(この真ん中で綺麗にキマッてるのが鈴本美愉ちゃん、1人だけ見事すぎてやばい)

バッチリ決まるとめちゃくちゃ格好良いんですよこれが!!

テレビ番組等で披露する機会が増えるたびにこれを決めるメンバーが増えていくのも見所だったなぁ

 

この曲は特にターンが多いのですが、他の曲にもターンが取り入れられており、その度に衣装のスカートの広がり方の綺麗さに感心します

ふわぁっと広がってサッと元に戻るこの感じ!どうやったらこうなるんだろうと思いながら見惚れてしまいます

細部にまでこだわって作ってあるのが伝わって来てすごく好きです

 

あと、衣装のこだわりとしてもう1つ

欅坂や乃木坂の衣装はスカート丈が床からの長さで合わせられており、並んだ時にスカート丈が綺麗に揃うのです

メンバーが一列に並んだ時の景色は圧巻だしめちゃくちゃテンション上がります

f:id:cashewnutsan:20171205130759j:plain

 

f:id:cashewnutsan:20171205130842j:plain

お見事すぎて見惚れちゃう!SUKI!!

 

統一感や清楚さ、ダンスが揃ってみえるという様々な効果を生み出しているのだと思います

そういうこだわり超好きです!!

 

それから、坂道グループは各シングルごとに歌衣装とバラエティ番組などに出る際の衣装の2つが新たに作られるところもいつもすごいなぁと思ってます

どちらも欅坂の場合は年長組と年少組でリボンの色や襟の形などか少しずつ違っていたりと本当にこだわりだらけの衣装なんです!!

f:id:cashewnutsan:20171205130947j:plain

これだけ勢揃いしてもまだほんの一部だし、衣装は違ってもスカート丈は揃ってるんですよ…!!

衣装を見るとその曲のことを思い出して懐かしくなる〜

 

乃木坂も含めて衣装だけで1つブログが書けそうです!笑

 

 

・歌詞が凄い!

一瞬の光が重なって 折々の色が四季を作る

そのどれが欠けたって 永遠は生まれない

 

花のない桜を見上げて 

満開の日を想ったことはあったか?

 

これらの詞をみて、秋元康天才だわ!と改めて思いましたね

なんかもう私の語彙力じゃ語れないんですけど、とにかく凄いです

変な解説なんぞ付けずにこの歌詞をバーンと突きつけたいですね(誰に)

 

セゾンというのはフランス語で「季節」という意味で、歌詞の中にも季節に関するワードが散りばめられています

曲調も相まって切なさを感じる曲になっているのですが、ただ悲しいのではなく、なんだか清々しい寂しさを感じます

過ぎ去ったあの日を振り返って少し懐かしさに浸りながらも前に進もうとする力強さも感じるのが凄いです

 

 

・MVが凄い!

このMVこそ、欅坂のファンでない人にも見て欲しい!まじで多幸感で溢れてるから!!

一言で言うならば、幸せとはこのことである、という感じ

個人的にこのMVのMVPは原田葵ちゃんです

f:id:cashewnutsan:20171205131411j:plain

 

f:id:cashewnutsan:20171205131514p:plain

この曲で初めてフロントメンバーに選ばれた葵ちゃん

MVでリップシーンがあるのもこの曲が初めて

このシーンで葵ちゃんに惚れたファンが多数いるとかいないとか…(私も例外ではない)

 

そして、全編を通して青春時代の煌めきがひしひしと感じられてもう、眩しすぎます

パッとしないJK生活を送っていた私には煌びやかすぎるけど、こんなJKになりたかったよ…と思いながら、気持ちだけはJKのままです!!(おばさんが言うやつ)

オフショもJK感が凄いの!!

f:id:cashewnutsan:20171205131750j:plain

ブレザーにマフラーってのがまた良い!青春だー!

 

MVのここが好き!ポイントだけでもまたひとつブログが書けそうなぐらい好きです

文章でつらつら書くよりもまずは見て!という感じ

百聞は一見にしかずです、まずは見てみてください

メンバーが満遍なくアップで映るのもまた嬉しいです

欅坂46 『二人セゾン』 - YouTube

 

この曲は先にお話しした「世界には愛しかない」に続く3rdシングルで、リリースされたのは今からおよそ1年前です

特定の季節を歌っている歌詞ではないのですが、私の中のイメージは完全に秋曲です

衣装やMVからも来ているんでしょうけど、曲から感じる色もや空気が秋なんですよね

秋と言ったら私はこの曲を真っ先に挙げたい!

 

それから、めちゃくちゃ細かいのですが、スキップで移動しながら歌うところが多いので伸ばす声もちょっとだけぐわんぐわんってなってるのも可愛くて好きです(伝われ)

あとね、これはMVやテレビでのパフォーマンスを見たことがある方には伝わるかな、最後の大サビの デデデン!二人セゾーン のところは歩きながら聞いてると絶対一緒に進軍したくなります

は?と思った方、どういうこと?と気になった方、ぜひMVでも音楽番組でも何でも一度見てみてください!(笑)

 

 

 

そして、この二人セゾンから一年!

(もう一年経つのか…早いねぇ…)

現在の欅ちゃんの最新シングル「風に吹かれても」では、制服をスーツに着替えて、キレキレのダンスを披露しています

f:id:cashewnutsan:20171205192407j:plain

”笑わない”欅坂像にはセカアイやセゾンを持ち出して「笑ってるから!!」と反論したくなる過激派なのですが(笑)、それでもそれまでのシングルとは異なるカッコ良さを持ってきた欅ちゃんたちは天才だな?!となります

 

大人たちに支配されるな(サイレントマジョリティー)

世界には愛しかない 信じるのはそれだけだ(世界には愛しかない)

理解されない方がよっぽど楽だと思ったんだ(エキセントリック)

意思を貫け!ここで主張を曲げたら生きてる価値ない(不協和音)

 

そう歌ってきた彼女たちが、少し大人に近づいた彼女たちが、

 

風に吹かれても 何も始まらない

ただどこか運ばれるだけ

こんな関係も 時には良いんじゃない?

愛だって移りゆくものでしょ?

アレコレと考えても なるようにしかならないし…

 

と歌うのが胸熱すぎる…!!

 

一般的に浸透してきたであろうクールなイメージと、ファンの中にもちらほらと見られたそろそろ笑顔全開の表題曲も欲しいよ…という声を汲んでか汲まずかは知りませんが、笑顔でキレッキレのダンスを踊るカッコ良さを持ち出してくる欅坂、天才過ぎない?!

 

(MVを見た後のわたし)

 

格好良い欅ちゃんも大好きですが、やっぱり好きな人にはたくさんたくさん笑っていて欲しいので笑顔を見ると安心します

人生なんとかなるっしょ!と笑い飛ばせるような強さを身につけた欅坂はますます強くなるんじゃないかなぁとこの曲を聞いて思っています

 

いくらそのパフォーマンスが注目されて評価されていたとしても、彼女たちはまだデビュー2年目のアイドルな訳で

彼女たちを追いかけていると、迷いや不安、色んな感情と葛藤しているんだろうなと感じる瞬間も多々あります

2年前、1年前、半年前どころではなく下手したら1ヶ月、1~2週間前と比べても見た目や表情、ダンス等々見るたびに成長していて本当に凄いなあと感心しっぱなしです

まだまだ未完成な彼女たちだからこそ、これからのますますの進化を期待しているし、その歴史を一緒に見て行きたいなと思っています

 

今回このブログを書かせていただいたのも少しでも多くの人と一緒に欅坂46という物語を見て行きたいなぁと思ったからです

あ、純粋に1人で可愛い可愛い叫んでるのが寂しいってのもあるんですけど…(笑)(一緒に盛り上がってくれる人大募集中です)

 

 

欅坂46ってめちゃくちゃエモいグループなんですよ!!

欅坂46と一緒にエモさを追い求める旅に出てみませんか?

 

 

と急に胡散臭い物語の紹介文みたいになったところでそろそろ締めようと思います(笑)

今回ここに書けなかった曲にもとても素敵な曲がいっぱいあるのでまずは曲だけでも聞いてみてください!!

 

私のオススメは「エキセントリック」です

イントロの時点で天才過ぎてすべての語彙力を放棄して好き!!!と叫びたくなります

それから、平手友梨奈ちゃんの「もうそういうのうんざりなんだよ」がめっちゃスカッとジャパンなんですよ(?)

 

 

とかいう話を始めてしまうと永遠に終わらないので今度こそ本当に締めます!

欅ちゃんに一緒にハマってみませんか??

おいでよ!欅ちゃんの沼!

嬉しいご報告お待ちしております(笑)