だいすきをあつめたら

NEWSが好き。ジャニーズが好き。アイドルが好き。

意外と世界は、あなたに優しいよ

タイプライターズ、見ました

あの空気感やテンションが凄く心地良くて好きなのでまたやって欲しいです

切実に!待ってます!

そして今回、加藤さんとピースの又吉さん、ゲストの西加奈子さんと中村文則さんの会話の中で心にじーんと来る部分があったので少し文字起こしをしてみました(敬称略)

 

文学賞を受賞した後にプレッシャーはあったか、2作目にプレッシャーがあったか、という話の中で

 

中村「だから、ここ(加藤、又吉を指しながら)大変だと思うよ。みんななんかもうさ、注目が凄いからさ。しかも、変な目で見る人もいるじゃん。なんか、どれぐらいの実力だ、みたいな感じで読む人もいるし。」

又吉「(加藤に)プレッシャーありました?2作目の時に。」

加藤「僕、1作目が一番ありましたね、やっぱ。絶対叩かれるってわかってたから。

書いて本になってることは嬉しいんです。自分のものが作品になったって。

でも、叩かれるってわかってるから。もうその朝とか、なんかね、辛かった」

又吉「それはすごいですね。」

中村「俺が叩かれる朝が来るってことでしょ。」

加藤「ははははは(笑)

そうです。今から俺が叩かれる日が始まった。って思ってたんですけど、

褒められるたびに、あれ!?褒められる、あれ!?褒められる、って感じになって。

あの人が褒めてたよ、とか、」

西「うん、面白かった」

加藤「お手紙貰ったとか、そういうのがあって、

あれ!?意外と思ってるより世界は優しいのかも、って2週間後ぐらいに思った記憶があって。」

西「でも、世界が優しいんじゃなくて、本当に作品が良かったんですよ、それは。」

加藤「ふふふ、ありがとうございます。」

西「みんなの感想が結構、『面白かったよ!?』って驚いたように言うじゃないですか。それがしんどいやろなと思いました。最初はそういう色眼鏡でみんな入んねんやん、っていう。普通に小説が面白かったら『面白かったであれ』って言うのに、いや、なんていうの、思ったより、みたいなみんな言い方するでしょ」

加藤「おとといも言われました。」

西「言われた?!失礼ですよね!」

加藤「いきなり、なんもしてないのに謝られるんですよ。なめてました、すいませんとか言って。」

西「よっぽどびっくりしたのかしら。」

加藤「ですかねー。でもまあ面白いですけどね、言われ慣れたし。」

 

 

加藤さんの、作家として本を出すことへの決意、叩かれると分かった上でその世界へと挑んでいく強さ

そして、思っているよりも世界は優しいのかも、と言う気づき

そしてそんな加藤さんに、それは世界が優しいのではなくて作品が良かったからだとおっしゃる西さん

色眼鏡をかけた評価を受けることが分かりあえる又吉さんに、そんな評価を受けることに大変だと思う、と理解を示してくれる中村さんと西さん

 

どこまでも正直で、優しくて、温かい空間だと思いました

ここは加藤さんに優しい世界だと思うと何だか心があったかくなります

 

 

感想をいうときにまず謝られる、なめていたと言われることに慣れたという発言に少し寂しくなりそうになりましたが、それを笑い飛ばしてしまう加藤さんの強さを目にしたらそんな人たちなんてどうってことないじゃん!と思えました

そして、叩かれると分かっていながらも、色眼鏡を通した見方をされることが分かっていてもなお、自分を曝け出して本を書くことを決めた加藤さんの決意の強さを改めて感じました

 

 

私は、俺を取り巻く世界マジファック!と思っている加藤さんも愛おしくて大好きだけど、意外と世界はお前に優しいよ、と言えるようになった加藤さんも頼もしくて大好きです

そして、そんな加藤さんにとって優しい世界であって欲しいと願っているのでこのトーク部分を本当にずっとにこにこしながら見ていました

でも、この加藤さんに優しい世界は、決してただ単に周りが優しくしてあげているからではないということもとても大切です

世界が加藤さんに優しいのは加藤さんが努力したから、加藤さんが凄いからなんだよ、ということ

そして、世界の優しさに加藤さんが気づけるようになったからなんだよ、ということは声を大にして言いたいです

 

 

私はまだ「私を取り巻く世界マジふぁぁーっく!!」と言いたくなってしまうことがあるし、優しさに触れても「同情するなら金をくれ!!」と言いたくなってしまうこともあります

早く加藤さんのように優しさに気づける人になれるように頑張ります…

 

 

 

そんなことを思いながら楽しんだタイプライターズでした

カレーを作って食べるくだりとか何の番組だよ?!って感じだったけどとっても平和で面白かったです

個人的にはカレーを食べるときの加藤さんに左利き萌えしてました

(我ながら細かいな…笑)

 

次回もきっとあることを楽しみにしています!!

 

お誕生日おめでとう

加藤シゲアキさん、30歳のお誕生日おめでとうございます

いよいよ30代に突入ですね

30代のシゲさんがどんなことに挑戦して、どんな世界を見せてくれるのか、今からワクワクしています

そしてますます大人の魅力が出て格好良くなっちゃうのかな??

とっても楽しみです

 

シゲさんに伝えたい思い、感謝の気持ち、ここが好き!!って話、書きたいことは山ほどあるのだけど、どんなに言葉を並べても言い切れないのでシンプルに一言だけ言わせてください

 

シゲさん、大好きだよ!!

 

29歳のシゲさんへ

29歳はどんな一年でしたか?

ドラマ、24時間テレビバラエティ、作家業、シングル、アルバムのリリースにコンサートや歌番組

と、とにかく29歳のシゲさんは働いてたなぁという感じです

忙しすぎて疲れてないかと心配しそうになるけれど、生き生きと仕事をするあなたを見ると、あぁこの人は本当にこの仕事が好きなんだなぁと嬉しくなってしまうので30歳もどんどん働いてください!!

あ、でもちゃんと休みは取ってね!

釣り行くんだよ!!(笑)

 

 

話は少し変わるのですが、私は20代後半の男性アイドルって最強だと思っている節があります

若さだけを武器にできるわけではないけれど、大人の魅力や渋さみたいなものを前面に押し出せるわけでもない

ある程度のキャリアを積んできて、若手と呼んでもらえるギリギリのライン

みたいな微妙な立場にいるからこそ出せる魅力があるのです

 

シゲさんが25~29歳に当たるのは、2012~2017年

チャンカパーナが2012.07.18リリースなのでまさに4人体制になってからです

 

失恋ショコラティエで関谷を演じるシゲさん(26)に一目惚れし、チュムチュムを歌うシゲさん(28)をきっかけにNEWSにハマり、美恋コンのシゲさん(25)たちの映像を見て完全にNEWSに落ちた私

やっぱり20代後半って最強に最高だよ!!

 

だからこそ20代後半のあなたに出会えて良かったです

あなたに出会ってファンになれて良かったです

そしてついに30代

あなたはそんなに気にしてないかもしれないけれど、‟加藤シゲアキ(30)”の世界がやってきましたね

正直言って楽しみでしかないです

だって、今のあなたには若さ以外の武器がたくさんあるから

「30代=若さを失う」ではないし(現に小山さんや増田さんだって30代には見えない若さを持ってるし笑)、これからも若手に負けないフレッシュさで戦っていって欲しいけれど、それだけじゃないってとても強い

NEWS全員が30代になる今年、大人という言葉も似合うグループになって欲しいしシゲさんが先陣を切って大人さをアピールして欲しいです

でも、世間的には「賢くて冷静でしっかりしてて頼りになるツッコミ役」みたいなイメージをもたれつつも!実はちょっと抜けてるところもあって、一人っ子全開なところもあって、ちょっと甘えん坊なところもある可愛いシゲさんが大好きなのでそこは変わらずにいて欲しいです

 

 

29歳のシゲさん、たくさんの愛をありがとう

とってもとっても大好きでした

そして30歳のシゲさん、こんにちは

30歳もメンバーと一緒にたくさん笑いあっていてください

そんな姿をたくさん見ながら一緒に笑えたら嬉しいです

30歳のシゲさんもその先のシゲさんもきっと大好きです

だから、これからもどうぞよろしくね

 

素敵な一年をお過ごしください

 

2017.07.11

 

ジャニオタがモーニング娘。のライブビューイングに行ってきた話

タイトルからもお分かりの通り、昨日モーニング娘。'17の春ツアー"THE INSPIRATION"武道館公演のライブビューイングに行ってきました

 

ちなみに私は約半年ほど前から娘。ちゃんが気になり始め、メンバーの顔と名前、12期加入以降のシングル曲+αぐらいは把握しているかなという感じ

あと、小学校低学年ぐらいの頃も好きだったので昔のシングル曲もそれなりに知っているよ〜という感じです

推しメンは、はーちんです

今回はハロオタに出戻りした姉に誘われてライビュに行くことになりました

 

そんなジャニーズの畑で育ってきた私が初めてハロプロの畑にお邪魔して感じたことを少し書いていこうと思います

 

・踊る!とにかく踊る!!

もうね、ずっと踊ってた

トロッコで外周回りながらのお手振り曲とかないの!

ほんとにずっと踊ってるし、手押しのトロッコとかも出て来ないの!

そして移動手段は基本ダッシュ!

もうこの体力には脱帽です

踊りながらの生歌でここまで歌えるのもすごいなぁと純粋に感動しました

それから、とにかく声の迫力がすごい!よくこんなドスの効いた声が出せるなぁと感心しきりでした(ここはジャニオタというよりも46Gファンとしての感想かも笑)

 

 

・パフォーマンス力がすごい!

今日はうちわとペンライトを姉から借りたサイリウムに持ち替えてライビュに挑んだのですが、もちろんファンサしてうちわを持ってる人は見当たりませんでした笑

彼女たちはひたすらに歌い、踊る

そのパフォーマンスを観客に見せる!というスタイルがジャニーズの現場とは少し違う空気感だなぁと思いました

しかし、アイドルからの「歌って!(マイクを客席に向ける)」に飼い慣らされたおたく、ちょっと寂しさを感じます(口ずさんではいましたが笑)

そして、ファンサしてうちわがないこともちょっと寂しい笑

 

 

・オタクの熱量がすごい!!

これは比べるものじゃないことは承知の上ですが、それでもジャニーズとはまた違った応援への熱の込め方だなぁと感じました

サイリウム推しメンのメンカラと名前がどーんと書かれたTシャツ!

とにかく自分の推しメン主張がすごい!!

そしてサイリウムの振り方と曲中のコール!!

この一体感はほんとに感動します

オタクの対応力やばい!!

 

と、書いてますがジャニーズの現場でもそれなりに独自の合いの手があったりするのでお互い様な感じもしますが…笑

どの現場でもファンの服装を見て誰担かな〜とか誰推しかな〜とかを推測するのが好きです

 

 

 

そしてやっぱり男性のファンが多いのでコールやオイ!オイ!といった掛け声の野太さ!

おぉー!いつもと違う現場だ!

と、一番強く感じた瞬間でした

でも、案外女の子のファンも多くてそこも少しびっくりしました

これなら現場にも行けそう!

 

 

ここまでは違うと感じたことを書いてきましたが、やはりどの現場でも感じるのがステージに上がった彼ら彼女らから発されるエネルギーはすごいなぁということです

 

 

あんなに細い身体のどこからこんなに力強い声が出てくるんだろう、こんなに力強いダンスが出来るんだろうという疑問すら持ってしまう感動でいっぱいです

全身全霊で歌い、踊る彼女たちの持つエネルギーは半端じゃない

ただひたすらに格好良かったです

髪が乱れることも気にせず踊る姿、これこそがハロプロ!という感じです

 

 

そしてやはり私は光の海が大好きです

ペンライト、サイリウムなどと呼び方は違っても客席のライトが曲に合わせて揺れる様子はとても綺麗でした

 

 

 

最後に各メンバーについての感想も少し

メンバーごとに分量に差があるのはご愛嬌♡

 

横山ちゃん

最初幕が上がった瞬間から最後ステージからはけていく瞬間までずっとかわいい

真剣に踊っててもかわいい、としか言えなくてごめんね、でもかわいいんだもん!

身長がちっちゃいのもまたかわいいよね!

そんなかわいい顔して案外肝が座ってる感じも推せます

 

かえでぃー

落ち着いていて、ダンスも堂々としていて流石だなぁと思います

でも、喋ると少し頼りない感じになるのもギャップ萌えです

 

はーちん

はーちんかわいい、が口ぐせです

笑顔のはーちんは太陽さ!!

あと、はーちん色白すぎてびびった

メンバーみんな色白なんでしょうけどその中でも白すぎてびっくり

基本的に全力で笑う子が大好きなので、はーちんや横山ちゃんの笑顔が大好きです

 

あかねちん

溢れ出る妹感!!

あかねちんもまた愛嬌のある笑顔が可愛いよね!!

ポエムの朗読の感情の込め方がツボでした笑

 

ちぇる

今回はトーク部分がちぇる無双でしたね

まりあちゃんと小田ちゃんと3人のMC、

THE INSPIRATION のコーナーでのポエム等々

なんかもう私のツボすぎました

ちぇる、キテます!

 

まりあちゃん

細い!脚長い!スタイル良すぎ!!

なのに喋ると面白すぎ!3人のMCでちぇると2人でボケ倒してたのは笑いました

可愛くないと許されないよ!というレベルで自由だけど可愛いから許す!可愛いは正義!!

 

さくらちゃん

何と言ってもその歌唱力、表現力、なにその色気!!という感じ

年下とか信じられない、信じたくない

あと、3人でのMCで自由な2人に入れる的確なツッコミに笑いました

普段の声は可愛いのに歌うと大人っぽいからびっくり

 

まーちゃん

なんかもうやばい

喋るとあんな感じなのに(笑)、パフォーマンスの時のあの表情何よ!!ずるい!!

最後のあいさつで深い、良いことを言おうとしているのに語彙力の問題でぶっ飛んだ感じになってるところもまたまーちゃんらしくて良かったなぁ

 

はるなん

正統派な美人さんという感じ

あと、優しい喋り方がお姉さんという感じで好きです

はるなんも細い!!あと綺麗な黒髪ストレートヘア!!

 

くどぅー

くどぅーの声は唯一無二です!

そしてそのイケメンキャラも唯一無二!!

もっとずっと見ていきたいのに、秋ツアーで卒業してしまうのが寂しいです…

 

あゆみん

1人ステージ上で歌ってるところが、あゆみん無双!という感じで格好良かったです

でも話すとなんか面白い感じになるのも良きです

 

えりぽん

えりぽんも色白かったなぁ

そして美人さんでした

ベテラン感出てるのに以外と若いんだな~とびっくり

 

ふくちゃん

さすがの貫禄、安定感、という感じ

その存在自体がグラマラス、色っぽい!!

ふくちゃんの歌声がとっても好きです

 

 

というのがざっくりとした感想です

 

今回初めてモーニング娘。のライビュに参加して新しい世界の扉が開きました笑

秋ツアーは現場に行きたい!

 

こうやってまた一つ、沼にハマっていくのですね…笑

 

でも、とにかく楽しかった!

また行きたい!!

NEVERLANDは続くよ どこまでも

お題「私のNEVERLAND」

 

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND

全公演終了、お疲れさまでした!

ついにこの日が来てしまったよ…

夢のような楽しい時間をありがとう…

 

こうやってお題を借りてブログを書き始めたのですが、分析も一曲ずつのレビューも出来ないのでただひたすらにここが好き!!ってのを書き連ねていきたいと思います

 

私は今回、宮城4/15公演と東京6/10公演に入りました

本当は宮城公演の後すぐにブログを書こうと思ったんですけどね…

あやめの途中で力尽きて放置されたまま今日まで来てしまったので諦めました(笑)

 

ということで、今回は東京6/10公演の感想を中心に、時々宮城4/15公演の感想も織り交ぜながら書いていきます

読みにくかったらゴメンナサイ…m(_ _)m

 

それからもう一つ、自分の記憶を頼りに書いているのでどの曲が~とかがごっちゃになってても広い心で見てやってください…

 

それでは参ります

 

まずは公演前から、花道中央に大きな鍵が置かれていること!

最高じゃないですか!?

公演中は一切姿を現さず、開演前と終演後にのみ姿を現すNEVERLANDへの鍵

細部まで作りこまれた世界観が本当に最高でした

 

東京ではNEWS NEVRLANDの文字がアルファベット一文字ずつ書かれたバルーンが宙を浮いていたのも良かったです

 

そしていよいよNEVERLANDの世界へ!

汽車に乗って登場する演出も天才だし、そこからの一曲目のNEVERLANDがもう、好き!

加藤さんに大きな旗を持たせたのが最高 of 最高です

わードラゲナイ!!と思いつつも最高に格好良かったです

 

ちなみに宮城公演は私史上最高に近い席だったので、最初の登場時の増田さんの足元にいました

見上げると増田貴久!!

まさに、ありがとう世界!生きててよかった!状態です

 

 

からのアン・ドゥ・トロワはめちゃかわでそのギャップにもうやられた、好き

 

んで次にEMMAですよ!あの衣装、初めて歌番組で見た時は衝撃を受けましたが、生で見てみるとやっぱり良いもんですね~

改めてスタイリスト・タカヒサマスダに感謝します

EMMA衣装のままKAGUYAってのも新鮮で良かったです

 

 

からの恋祭り!

この時に乗ってたリフターの動きが面白いなあと思いながら見てました

宮城では私の頭上はクレーンの脚が通過していくのみだったのでシゲさんの後ろ姿を凝視してました (怖)

 

 

そしてD.T.Fと4+FANです!!

ここ二曲のシゲさんの可愛さよ!!

誰よりもはしゃぎながらD.T.F!D!T!F!ってやってるシゲさんを眺めながらうちの子がこの会場で一番可愛い!!と親バカ発動してました(親じゃない)

テゴシゲがいちゃついてたとか、すぐに立ち位置から動こうとするしてJr.くんに連れ戻される手越さんが可愛かったとか、とりあえず振り付けが好きだとか色々と言いたいけれどまあとにかく可愛い、好き、以上!

 

 

からの、シゲさんのソロ、あやめです

 

まじこれ、これに尽きる

ギャップで殺されるかと思った

というかテンションの変化についていけずに宮城ではソロが始まってからしばらく固まってました

そしてまたまた宮城での話なんですが、最初シゲさんが横たわっていた時の頭側にいたんですね、私

自担の頭頂部と鎖骨を上から覗ける人生だったとは…

二度目の、ありがとう世界!生きててよかった!タイムです

 

とか思っているうちにあっという間にシゲさんの作る世界に引き込まれました

宮城ではペンラとうちわを握りしめたまま固まり、東京では双眼鏡を覗き込んだまま固まってました

 

もう私の語彙力ではあやめの素晴らしさは伝えきれないんですが、とにかくもう最高、好きです

まずはなんといっても顔が美しかった

頭のてっぺんから足の先まで全部が美しかったし、一挙手一投足から目が離せなかった

改めて、凄い人を好きになってしまったなぁと思ったし、この人の頭の中をもっと覗いてみたくなった

加藤シゲアキって凄い人、大好きで大好きでたまらない人

 

私が言えるのはこんなことだけです

あとは、土屋太鳳ちゃん…とも呟いてました(笑)

太鳳ちゃんのモダンダンスもめちゃくちゃ素晴らしいのです

 

ひとつの壮大な物語を見ているようなそんな気分でした

あやめ、曲だけで聞いているときから好きだったけれど、コンサートで生で見てますます好きになりました

 

 

その流れで光のエリアらしくBrightest

この曲はレーザーが凄かったです

ドーム内をレーザーがびゃーっと駆け巡っていて天井席万歳という感じ(頭が悪い)

 

 

シリウス

Snow Dance

スノードロップ

この辺の曲は好きな曲ばかりで純粋に嬉しかったです

これも歌ってくれるんだ~♡って

 

 

お次が、Touch!!

出た!最強可愛いソング!!

最初、一人ずつカメラに抜かれるところでテイッてやってた手越さんが可愛かったです

世界には可愛いしかない、横イチで踊るのも可愛すぎ

 

 

小山さんソロのニャン太

小山さんのニャン太への愛がいっぱい詰まった曲

とても大切に歌う姿が印象的でした

それから、この小山さんの衣装がとても好きでした

シンプルな格好だけど小山さんのスタイルの良さが際立ってました

 

 

恋を知らない君へ

この曲は本当に歌を聞かせる曲

立ち位置の移動もほとんどせず、ふりつけもほとんどない

声だけで勝負する曲、それからあの夏を思い出す曲

もうすぐ一年だね…と感傷に浸りがち

 

宮城公演ではほぼ一曲ずっと手越さんが目の前にいたのですが、その細さに驚きました

ももめっちゃ細かったよ…

 

 

フルスイング

4人で向かい合って、息をそろえて入る歌い出しがとても好きです

自分のソロパートを涙で詰まって歌えなくなった小山さん

いつまでたってもこの曲は特別なんだなぁと思ったし、4人でぎゅっと固まって歌う姿が印象的です

 

 

恋のABO

サマラバ

NYARO

盛り上がりエリアです!!

なんといってもサマラバ!!大好き!!

恋のABO終わりに「ABOの次はABC~!」と言う小山さんに、ん?ABC?となってたらサマラバのイントロがどん!っときたときのテンションの上がり具合よ!!

 

NYAROもやっぱり大好きです

大きな♡を作る4人を見ていると本当に幸せになります

 

 

ORIHIMEは、Jr.が素晴らしかったです

NEWSはトロッコに乗り、Jr.がメインで踊るというのも新鮮でした

 

 

からのMC!

全編通してシゲさんのツッコミが冴え渡っていたんですけど、特に最後のミスターインポッシブルとのやりとりは笑い死ぬかと思いました

最後にメンバーがそれぞれ客席を煽っていて、シゲさんが煽り始めたタイミングにかぶせて出発の合図をするミスターインポッシブル(笑)

一回目で会場が大爆笑だったのに、もう一回同じ下りをやっちゃうもんだからもう二回目はメンバーみんな膝から崩れ落ちて笑ってました

ミスターインポッシブル(という名のボタンを押してるスタッフさんbyシゲアキ)、天丼もできちゃうとか最高かよ!?

それから、Burnが文庫化されるとか、いのちのうたのMCやるとかの流れの中でナチュラルにシゲほめが始まってたのが私の大好きなNEWSだったし、「頭良くて本も書いてMCもやっちゃうシゲが凄すぎてちょっと評価降りて欲しい」という増田さんが私の大好きなシゲマスでした

 

 

MC明けの増田さんソロ、FOREVER MINE

増田さんの声が好き、ということは前々からずっと言い続けていたのですが、改めてこの人の声が好きだと思いました

そして純粋に歌が上手い

随所のソロパートで思ってましたがここで改めて言わせてもらいます

余計なものは何もいらない、ただ己の声ひとつで勝負する増田さんがめちゃくちゃ格好良いです

 

 

からのSilent Love

この曲のイメージは進軍です

そしてサビもずっとラップに徹する増田さんが死ぬほど格好良い

ダンスのフォーメーションや振り付けがまさに進軍という感じなのですが、マジで増田軍が最強、やられた、かなわない

 

 

ミステリア

BYAKUYA

BYAKUYAが来た時の会場の歓声!みんなBYAKUYA大好きですよね!分かります!

 

 

さくらガール

ここで来たか!と言う感じ

個人的に、さくらガールを聞くと無条件に泣きそうになる女なのでひとりウルウルしてました

そしてこの曲は演出がさくらにこだわっているの好きでした

メンステの映像も桜の木だし、ドームの天井にも桜の花びらが映っていました

そして上から花道近くの客席を映す光もピンク色で桜の花びらの形になっていました

 

 

からの、ついに来てしまった手越さんソロ、I'm coming

宮城の時点で衝撃を受けたし、日ごとにパワーアップしてるのも聞いてました

噂どおりパワーアップしているのを見て、もう~手越くんったら~(照)と一人二ヤついてました

手越さんが生き生きしてたし、何より顔が可愛かった

そんな可愛い顔してあんな歌とあんな演出なんだからもう~

罪な男です!

この曲の最後から次のBLACK FIREの歌い出しを仰向けの状態でいつもの声量と力強さで歌える手越さんやっぱりつよい…

 

 

BLACK FIREはもう、光!音!炎!と言う感じ

光と音はまだいけるんですけど、ボンッ!って火が出る音は何回聞いてもめっちゃビクッとしてしまうのがちょっと心臓に悪い…リアルにビクってなってしまうのもちょっと恥ずかしい…

 

という私の話は置いといて、この歌の主人公はなんといってもシゲさんです

ドームではメンステ上段にシゲさん、他3人が下段という立ち位置!

シゲさんが東京ドームを支配しておる…!!

シゲさんが格好良すぎてもう、好きだー!!

 

 

バンビーナ

ANTHEM

ここでこの曲来るか!?という二曲

 

ANTHEM後半は正直、ステージ横に見える巨大な装置が気になってそわそわしてました(笑)(座席が一塁側の天井席でした)

 

そしてANTHEM終わりに、その巨大な装置ことフロートの登場です

これがマジでエレクトリカルパレードだった

NEWSちゃん、サンリオ所属かと思ってたけどディズニーに移籍したんか…

ネバーランドだもんな…そっかそっか…と納得してしまうぐらいほんとにエレクトリカルパレード

いや、もちろんパクリとかそういうことではないですけどね

めちゃくちゃ可愛くて、めちゃくちゃファンタジーで、めちゃくちゃお金がかかってそうでした(笑)

チャンカパーナ、チュムチュム、渚のお姉サマー、weeeekを歌う間ゆっくりと外周を回るパレード、最高でした

 

ちなみに、宮城の時はチャンカパーナ、チュムチュムの時、目の前にはしゃかりきに踊るJr.くんがいて、めっちゃ目合わせてくれるし、こっちも一緒に踊っちゃったし、なんかもうすごい応援したくなりました

…名前は分かんないんですけど(笑)

 

そして!渚のお姉サマー大好き芸人としては、この曲が追加されてたのがめちゃくちゃ嬉しかったです

始めちゃっても、いいんじゃない?と奥様に語りかけるように歌うシゲさんにビビットぉ~!!となり、その後の増田さんのOh,Babyに心を打ちぬかれました

この流れが大好きすぎるからもう何回でもやってほしい

そしてこの曲を聞きながら唐突にあぁ~もうすぐ夏だね!と思う私(どうでもよい)

 

weeeekはポンポン持ったJr.が応援してくれるのが凄い好きです

ポンポンの♡に囲まれるNEWS4人が可愛すぎる

世界には愛しかないと確信しました

 

 

からのポコポンペコーリャ

ポコポンペコーリャは可愛い

歌詞もメロディも踊りも可愛い

そして途中で寝ちゃうNEWSも可愛い

寝姿が四者四様で可愛い

ここでもいちゃつくコヤテゴが可愛い

ファンの踊りの魔法で目を覚ますって設定も可愛い

 

基本的に歌うのも踊るのも好きな人なのでここのダンスが楽しかったです

そして、一番に目を覚ましてキレッキレで踊りだすシゲさん

「シゲは魔法にかかりやすい体質」って言ってたのに笑いました

 

そしてお返しに鍵の形のペンライトを魔法で点灯させてくれます

この空間、愛に溢れすぎてて泣けます

 

 

物語も終わりに近づいたころにやってくる、流れ星

もともと好きではあったんですが改めてこうやって聞くと歌詞がぐっと心に響きました

 

 

そして物語は終わりを迎え、NEWSは汽車に乗って帰っていきます

しかし、NEVERLANDを出て現実に戻ってきたあとも、NEWSはファンに”みんなはひとりじゃない”と言ってくれます

 

U R not alone

この曲の持つパワーは本当にすごい

歌い出し、涙で歌えなくなった増田さん

そんな増田さんをみて仕方ねぇなぁという感じで優しく見つめ、微笑む加藤さん

増田さんが歌えないと判断して増田さんのパートを歌い出す手越さんと、それに続く小山さん

そして最後は4人で歌う、これがNEWSだなぁととても温かい気持ちになりました

 

拝啓、あの日の僕へ 今はここに立っています

誰かに笑われた夢を 今もここで見続けてます

 

そう歌うNEWSが、歌いながら泣いてしまう増田さんが、大好きでたまりません

NEWSもNEWSファンも湿っぽいのが好きなところは否めないし、過去を引きずりすぎてるという指摘も否定はできません

でも、それでもまっすぐに愛を伝えてくれるNEWSが大好きだし、過去も現在も未来も全部まとめてぶつけてきてくれるNEWSと一緒にこれからも夢を見たいです

 

私は今まではっきりと夢を誰かに語ったことはあまりないし、どうしても叶えたい夢があるんだ!と必死になって努力したことも正直あまりありません

そんな過去の自分だけど、それでもこれからの未来にやってくる試練を乗り越える力になってくれるのかな

そんなことを思いながら会場のみんなと一緒にこの歌を歌っていました

 

どこまでも力をくれるこの歌とNEWSの姿を見て、もっと頑張ろうと心に決めました

 

4人の姿がとても力強くて、会場の空気がとても温かくて

あぁ、幸せってこういうことなんだなぁ

 

こうして幕を下ろしたNEVERLAND

終演後は花道中央に、開演前と同様に大きな鍵が佇んでいて

あれ、さっきまでの時間は夢?と錯覚しそうになります

それぐらいあっという間だったし夢のような時間でした

 

 

NEVERLANDの作り込まれた世界観が好きです

アルバム発売が発表されたときからずっとずっとNEVERLANDの世界に引き込まれて来ました

細密な設定に沿って展開されるストーリー

本当に細部までこだわっていて、きっと私が気付けていないだけでもっと様々なこだわりがあるのだと思うと理解力のないファンでごめん…となるのですが、きっと「なんかこの世界観から外れてない?」という違和感を持たない時点でそんな細かい仕掛けが私の心にピッタリとハマっていたのだと思います

 

NEVERLANDが大好きすぎて、NEVERLANDに永久移住したいし、とりあえず住民票だけでも移しときたい

でも、そんなことしなくても

「NEVERLANDに入り口はあっても出口はないから」

ってシゲさんが言ってくれたから、

NEVERLANDへの鍵はNEWSを愛し続ける心だって、ミスターインポッシブルが教えてくれたから、

心にNEVERLANDの思い出をいっぱい詰めこんで、明日からも頑張ろうと思います

 

 

NEVERLANDは永遠に…つづくっ!!

 

永遠なんて 存在しないものだから

深夜の独り言です

なんとなく書き残しておきたくなったので

 

私は昔から「永遠」とか「絶対」とかいう言葉が好きではありません

だってそんなものは存在しないと思っているから

 

私はアイドルを応援しているけれど、彼ら彼女らだってずっとアイドルでいられるわけじゃない

いつかは必ず終わりが来る

悲しくて寂しくて胸が苦しくなるけれど、きっとそれは決まっていることで本人たちが一番よくわかっていること

 

 

乃木坂46の「サヨナラの意味」という曲が好きです

 

 サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある

 始まりはいつだって そう何かが終わること

 

 サヨナラを振り向くな 追いかけてもしょうがない

 サヨナラは通過点 これからだって何度もある

 

この曲のこれらの歌詞を聞くたびに、私はやはりこの曲でセンターを務めた橋本奈々未さんを思い出してしまいます

 

乃木坂のファンになって、メンバーもきちんと把握するようになり、過去の番組やMVを一通り見るようになってから初めてグループを卒業していったメンバーが奈々未さん

そして芸能界すらも引退してしまった初めての人

推しメンではなかったくせになぜこんなに引きずっているのか

正直自分でも驚いてます

これが推しだったらほんとに立ち直れない気がするので、永遠なんて…とか言ってるくせに、どうかもうしばらくは卒業しないで…と各所私の推しの皆さまにお願いして回りたい気持ちでいっぱいです(笑)

 

突然ふっと消えてしまいそうな儚さを持つ人を推したがる傾向があるのに、そうやってふと消えてしまうことを恐れてはドルオタつらい!ってなってます

アイドルへの相反する感情から生じる葛藤をアイドルからの愛で紛らわせてる一番オタ卒できないタイプだけど(笑)

 

私はことあるごとに

アイドルになってくれてありがとう

アイドルを続けてくれてありがとう

どうか幸せになってね

と言いながら泣く湿っぽいタイプのオタクなので、本人が幸せになれるなら本人が決めたことなら仕方ないねとすぐ言い出します

 

奈々未さんに対しても何回思ったか分からないし、実際何回かTwitterでも書いてる気がする

変なとこは冷めてるので一度区切りをつけたら結構スパッと断ち切れるのに、元来の性格が引きずるタイプなのでたまにこうやって一人寂しくなっては泣きそうになってます

(情緒不安定)(付き合いが長い友人には闇が深そうと言われる)

 

 

女の子ってひとつのきっかけでぐんっと変わるから凄いなぁ

と、乃木坂、欅坂を応援するようになってからそう思うようになりました

シングル曲のセンターに選ばれたとき、私なんかが…と弱音を吐き、不安そうにうつむいている子が、シングルをリリースするまでにどんどん綺麗になってキラキラ輝いているのが凄い

3列目にいた子が1列目のフロントメンバーに選ばれた後から、ダンスも歌もどんどん成長していくのが凄い

もちろんどのポジションも大切だし、どのポジションでも輝けるのが理想かもしれないけど、たとえ同じ3列目だとしてもフロントを経験する前と後では格段の差があるのです

 

だからこそ、悔しい

昔と比べると随分と綺麗になって、素敵な大人の女性になったなぁと思っていた奈々未さんが、最後のシングル曲でセンターを務めてもっともっと綺麗になってた

歌番組でもMVでも誰よりも綺麗で、誰よりも輝いていた

 

そんなのずるいよ

これからますます綺麗になっていくのかな

20代、30代とどんな年の重ね方をするのかな

なんて考えてしまうじゃん

それなのに、私はもうあなたのこれからの姿を見ることができない

最後に一番綺麗な姿で、これからもっと綺麗になることを予感させながら去っていったあなたがずるいです

 

 

感情に任せてここまで書いてしまったけれど、いつまでもずるいずるいと嘆いてもいられません

だからこそ、私はサヨナラに強くなりたい

だって、これからだって何度もあるのだから

 

 

人生なんて何が起こるか分からない

3年前の今頃はNEWSのファンになるなんて思ってもいなかったし、

2年前の今頃は欅坂のCDを買うようになるなんて思ってもいなかったし、

1年前の今頃は姉とモーニング娘。の話で盛り上がるようになるとは思ってもいなかった

そして、1年後の今頃はどうなっているかは分からない

もしかしたら全部すぱっとファンを辞めてるかもしれないし、今よりももっと現場に通っているかもしれないし、またほかのグループにハマっているかもしれない

 

そう思いながらアイドルファンをやってます

人生はタイミング、そう聞くことがあるけれど

誰かのファンになるのも誰かのファンを辞めるのも、それもきっとタイミングなんだろうなぁ

 

永遠なんて存在しないから、だから今のこの限られた瞬間に、偶然のタイミングで出会った彼ら彼女らを全力で応援していきたいなぁと思います

 

私はこの人達を応援したいと思う限り応援していくから、

私が大好きな人たちも、アイドルを続けようと思う限りアイドルでいてくれたらうれしいなぁ

 

そんなことを思いながら寝ようと思います

 

NEWSがつくるNEVERLANDという世界

お題「NEWS「NEVERLAND」レビュー」

 

NEWSのニューアルバム「NEVERLAND」発売されましたね!!

ジャケットから何から作りこまれた世界観、もう最高としか言えません

 

だって、初回盤には‟NEVERLANDへの鍵”が入ってるんだよ?

それも結構しっかりしたやつが!!

実物見て、思ったよりも立派な鍵でびっくりしました(笑)

 

アルバムのタイトルを聞いた時には、ネバーランド?ピーターパン的なやつ??

と、ふわふわファンタジーな感じを想像していたのですが、ジャケ写やアー写が公開されると、あ、そっち!?という驚きもありつつも!!

めっちゃ好きですこの世界観!とますます楽しみになりました

 

何を隠そう、私、セカオワの作るファンタジーな世界観が大好きでして

思わずこうつぶやいていたぐらい(笑)

 

そしてジャケ写を見た私

 

なんかもう、タイトルを聞いた時、ジャケ写を見た時、曲目が分かった時、NEVERLANDの音源が解禁されたとき、等々ひとつづつ情報が公開されるたびに

天才!優勝!!最高かよ!!

って言ってた気がするんですけど、期待値がどんどん上がってもそれを裏切るどころかますます次は何が来るんだ?!とワクワクさせてくれるので本当にNEWSって最高だなと改めて思います

 

今回はそんな夢と希望と不思議な世界がつまったアルバム「NEVERLAND」のレビューという名の感想文を書きたいと思います

 

 

まず曲の話をする前に、アルバムの特典について話したい!!

 

初回盤のジャケットにはNEWSの姿はなく、あるのは鍵穴だけ

その鍵穴を覗いた先にいるのが通常盤のNEWSくんたちってわけ

この感じ、もう素晴らしくないですか?

 

初回盤は収録されているのはCD1枚とDVD1枚なのに、三枚開きなんですね

CD、DVDがセットされた1枚目と2枚目を開くと、なんと招待状が現れるのです

 

やばい!NEVERLANDへの招待状もらっちゃったよ~

しかもその下には鍵が!!

と、まずここでテンションが上がりますよね!!

 

どこまでこの世界観貫くねん!やっぱNEWSは裏切らへんな!!

と、なぜか上から目線のエセ関西弁を使いたくなるぐらいにはテンションが上がりました

 

こんな話をしているといつまでたっても曲の話が出来なさそうなのでこの辺にしておきますが、本当に今回は細かいところまでコンセプトに沿ってこだわっているなぁという風に感じています

DVDの「NEVERLAND EPISODE.0」もそうだし、鍵を特典に入れたり、それを使ったパネル展を開いたり、きっとコンサートでも関わってくるのだろうなぁと思うと本当にファンをストーリーに引き込む天才だな!?と思います

そんなエンターテインメント集団、NEWSが大好きです

 

 

 

ここからやっと曲の話をしようと思います

〇NEVERLAND

イントロが思ったよりライオンキングだったし、その後アラジンぽくなる

チュムチュムっぽくもあるし、BYAKUYAぽいところもあるよね!

と、なんか忙しい曲という印象

なんだか不思議な世界に引き込まれるような感じで、NEVERLANDへの入り口でかかっているのにピッタリという感じ

個人的には手越さんのねばーらん!の発音の良さがお気に入りです

 

 

〇アン・ドゥ・トロワ

爽やかな曲調とサビの歌い出しの「踊りましょ アン・ドゥ・トロワ」という可愛らしさから、touchのようなわちゃわちゃしたダンスを想像していたら、歌詞を見てびっくり、結構ガッツリ抱いてました

あれかな、NEWSのいるNEVERLANDはちょっと大人向けなのかな?(笑)

ですが、全体的な雰囲気としては爽やかで可愛い印象になっているのがNEWSのすごいところです

 

 

〇EMMA

やばいじゃん、二曲続けて抱かれちゃうじゃん!(笑)

4月クール木曜10時のドラマ「嫌われる勇気」のオープニングテーマだったこの曲

なかなか個性の強い曲だけど、一度聞くともうクセになります

サビがキャッチ―なのでしょっちゅう頭の中で「EMMA EMMA EMMA~」と歌ってしまいます

そして、初めて聞いた時から今までずっと変わらずに増田さんの「サヨナラまで2㎝」が好きすぎます

 

 

〇Brightest

歌い出しの小山さんが可愛いです

というか、電子音のピコピコした感じとかトライアングルの感じとか、全体的に可愛くて好きです

サビの、

 キミはキラキラ star of my days,yeh

 僕だけのために輝いて lady

からも分かるように‟キミと僕”という設定がもう可愛い!

アラサー4人組が歌っているとは思えない可愛さ!!

すごいキラキラしてて、ぶらいてすと!って感じ(雑)

 

 

〇Silent Love

少し大人で切ない曲、歌い出しがシゲさんなところが新鮮でありつつこの曲に合っているなぁと思います

ソロパートが多いのでそれぞれの声が堪能できる曲です

そしてなんといってもマスラップ!!

サビの途中にラップが入ってくる感じが嵐の「Tell me why」を彷彿とさせてとても好きです

なんかもう増田無双!!って感じ!とても良い!!

 

 

〇恋を知らない君へ

ここできましたか!という印象

新しいアルバムを初めて聞くときにすでにシングル化している曲が来ると「あ、知ってる曲だ~」と安心するのですがまさにそんな感じで落ち着きます

とは言いつつも、矢野先生に、翔平に、ゴローちゃんに恋したあの夏を思い出して、懐かしいような少し寂しいような切なさに胸がきゅっとなるのですが…

そしてこの曲はシゲさんの「よかったのに…」が大好きなので毎回、来るぞ…来るぞ…キター!と思いながら聞いてます

ネバーランドにいながらにして過ぎ去った‟あの夏”が懐かしくなってきますね…

 

 

〇ミステリア

恋を知らない君へで少ししっとりした後、再びNEVERLANDの世界観に引き込まれる感じ!良いです

伴奏がとても格好良いですこの曲

和楽器の音でちょっと和テイストになっているところがあるかと思えば最後はギターがギュインギュインしてるのが最高です

曲名からも分かるように、ミステリアスでちょっと不思議な感じがまた大人の魅力を醸し出していて格好良いです

 

 

〇BLACK FIRE

でました手越無双の曲!!

そして頑張るシゲアキ!という感じ

のどちんこ飛んでない?!と心配になる歌い出しです(笑)

こんなロックな感じも良いですねー格好良い!!

ディストーションボイスとやらは今回ジャニーズwebの手越さんを通して初めて聞いた言葉だったのですが、確かにこれは手越さんの得意分野だなという感じです

生で聞いたら演出も含めて迫力が凄そう!コンサートの期待大です!

 

 

〇ORIHIME

からのしっとり聞かせる手越さんから始まるこの曲

テンションの落差な!!

ORIHIMEという曲名もオシャレだし、私がとても好きな曲調です

NEWSさんはこんな感じの爽やかだけど少し切ない感じの曲が似合いますよね

2番のサビ後の「もういいかい?」の声は私は小山さんかな?と思ったのですが、増田さんぽくもあるのでコンサ―トでの答え合わせを楽しみにしておきます

いかんせんウイスパーボイスは良いですね~ちょっとにやにやしちゃいます(笑)

 

 

〇流れ星

この曲も爽やかで好きな曲調!

王道アイドルソングという感じで聞いていてとても心地よいです

NEWSには応援歌が良く似合う!!

ここの「BLACK FIRE」からの爽やかソングが続くという流れが面白いです

次の「U R not alone」もそうですが、後半に爽やかだけど少し切なさもある曲を続けて持ってくるところにNEVERLANDの出口に近づいている感じを表しているのかな~と思います

 

 

〇U R not alone

イントロからもうGReeeeN!めっちゃGReeeeN!って感じ

オクターブのユニゾンってのも新鮮で好きです

改めて、シゲさんって意外と高い声出るよねと気づかされる曲(笑)

パート分けがシゲマス、コヤテゴなのがまた私得で良いです

そしてなんと言っても歌詞が良い!!

 

 ああどうか 力を貸してくれないか

 昨日までの僕よ 共に乗り越えてきたじゃないか

 

ここが特にお気に入りです

曲名だけを見て、ひとりじゃないよ、仲間がいるよ、という感じかなと思っていたのですが、歌詞を見るとその‟仲間”というのは過去の自分のことなんだなと

信じるのは過去の自分の努力、自分で決めた道を行くんだという決意が胸に刺さります

応援歌というよりも決意の歌という感じだけど聞いていると勇気が湧いてきます

 

この曲が歌としてはアルバムの最後の曲な訳ですが、最後にNEVERLANDを出ていくときにこれからも頑張るんだぞ!と鼓舞されるような、そんな感覚

コンサートの最後に明日からも頑張れと励ましてくれる小山さんの姿と重なります

 NEVERLANDの退館ゲートでかかってるのかな~??

 

 

最後に、、、

今回のアルバムは随所にナレーションが入ってくるのですが、これがまたNVERLANDというアルバムを一つの世界として、ストーリーとしてつなげるのに大きな役割を果たしていていると感じます

最初はアルバムシャッフルで聞けないな~とか思ってましたが、ここまでしっかりストーリーを作り上げてもらったからにはシャッフルせずに順番に聞くのも正解なのかも…?と思うようになりました

 

「To Be Contimued…」ではっきりと、ネバーランドツアーへつづく!と言われたのでここからどうコンサートにつながっていくのか楽しみです

あと、ここのナレーションのつづく!!がお茶目で可愛らしくてお気に入りです

 

 

以上が私なりのNEVERLANDの感想です

音楽的な知識も専門的な言葉も分からないので良い!好き!格好良い!を連呼しているのですがとにかくどの曲も面白くて魅力的です

 

 

NEWSが生み出す不思議でファンタジックな夢の世界へ、あなたも行ってみたくありませんか??

Let's go to NEVERLAND!!

 

 

 

西野七瀬のヒロイン力

最近ジャニーズ以外の話をよくしている気がしますが、今日もタイトルの通り、ジャニーズ関係ありません!

が、良ければ読んでやってください!

 

今や中高生に絶大な人気を誇る乃木坂46

その主要メンバーとして活躍する‟なぁちゃん”こと西野七瀬さん

f:id:cashewnutsan:20170313202112j:plain

今回は彼女のお話をしようと思います


最近なぁちゃんが可愛くて仕方ないんですよ!

特に初センターを務めた2014年頃の彼女を見るともう「可愛い」「好き」以外の言葉が出てきません

テレビ番組やMVを見ては、なぁちゃんが映るたびに

あ゛〜か゛わ゛い゛い゛!

と悶絶しながらリアルに「可愛い…」と呟いてます…絶対に人には見られたくないですね…笑


 

彼女の魅力とはいったい何なのだろうか

そう考えたときにまず思い浮かぶのが

「守ってあげたい感」です

 

物静かでか弱く儚げな雰囲気に、彼女を守ってあげねば!と母性本能がくすぐられまくるのです

 

実際に人前に出ることを好むタイプではないし、リーダーシップを取るタイプでもない

内気で人見知りな彼女ですが、グループの中にいても彼女に目がいってしまう、不思議な力を持っています

 


乃木坂46のMVはストーリ仕立てになっているものが多く、その主人公はそのシングルのセンターを務める人のことが多いです 

今回はそのMVを通して、彼女の持つ「ヒロイン力」についてのお話をしたいと思います

 

まず、彼女がセンターを務めた曲は

8th 気づいたら片想い

9th 夏のFree&Easy

11th 命は美しい

13th 今、話したい誰かがいる(Wセンター)

 

その中でMVがストーリー仕立てになっているのは

気づいたら片想い

今、話したい誰かがいる

の2つ

 

それぞれのあらすじは

「気づいたら片想い」

事故に遭い、たんぽぽの綿毛が散るまでの間だけ生きることを許された西野七瀬

その事情を知るのは白石麻衣だけ

次のシングルのセンターを務めることになった西野だが、やがてその体に変化が起こり始める

最後のライブを終えたとき、綿毛はすべて散ってしまい、歓声の中で彼女の体は綿毛となり消えてゆく

 

と、まあこんな感じです

冷静に考えるとどういうこと?とならないでもないようなストーリーなのですが、まあそこはファンタジーということで広い心で見てください

詳細なストーリーはぜひMVを見て!と言いたいところなのですが、公式ではShort versionしか公開されていないのでまあ、なんかどうにかして見てみてください(丸投げ)

 

ざっくりいうとタンポポの恩返しと言ったことなのかな?

メンバーの可愛さと美しさも相まって泣けます

f:id:cashewnutsan:20170313161556j:plain

f:id:cashewnutsan:20170313161619j:plain

ラストのライブのシーンのなぁちゃん

儚さと何かを決めたような力強い表情の共存

これが西野七瀬です!!

 


続いて

今、話したい誰かがいる

白石らメンバーがダンスの練習をしているのを遠くから見つめる西野

しかし、メンバーらと目が合うと西野は走り去ってしまう

メンバーたちはダンスの練習の帰り道、ブランコに座り絵を描いている西野を見かけ、話しかける

しかし西野は反応せず、白石が西野の肩に手をかけるとようやく気づく

そこで初めては西野は耳が聞こえないということを知る

西野はメンバーとともにダンスをすることになり、ダンスを通して次第にメンバーと心を通わせていきダンス大会にも出場することになったのだが、父の転勤によりダンス大会の当日にニューヨークへ行くことになってしまう

ダンス大会当日、ニューヨークへ旅立つ西野の元へ駆けつけるメンバー

そして「またね」と手話を交わし、別れを告げる


f:id:cashewnutsan:20170313161804j:plain 

最後の別れのシーンのなぁちゃん

可愛い…

個人的にこの衣装がとても好きです


 

これらの役からひしひしと伝わる、寂しさ、悲しさ、報われなさ!

と言ってしまうと語弊がありそうなのですが、とにかく幸せ!ハッピーエンド!というよりは、別れとか悲しみみたいなものが似合ってしまうんですよね

 

そしてここから感じるのが彼女の圧倒的ヒロイン力です

ヒロイン力とは?という感じかもしれませんが、私も自分で言っておきながらはっきりとはわかってません(おい)

ざっくりいえば「ヒロインになる力」という感じでしょうか(そのままやないかい)

あと、主人公力≒ヒロイン力

なんですよ!なぁちゃんの場合はあくまでヒロインなんですよね〜

 

さらに表題曲ではないのですが、9thシングル「夏のFree&Easy」のtypeBに収録されている「無口なライオン」という曲も彼女が主役を務めるストーリー仕立てのMVになっています


えー、あの、私、最近涙腺がゆるゆるなのでこのMVを見てガチで泣きました

このMVはもう、彼女の表情が素晴らしい!

もう1人の主人公のような位置付けにいる親友役の若月佑美ちゃんの演技も素敵です

f:id:cashewnutsan:20170313160933p:plain

f:id:cashewnutsan:20170313161008p:plain

f:id:cashewnutsan:20170313161923j:plain


あーもう好き!好きしかない!

世界には好きしかない!!



と、ここまでがMVをもとにしたお話です


上で述べたMVに限らず、ヒロインって何かと人には言えない事情を抱えてることが多いじゃないですか?(私見)

その訳ありなヒロインにピッタリなんですよ、彼女は!

もの悲しそうな表情とか、涙を流す姿を見ると「この子を守らねば!!」という衝動に駆られます

彼女を守るために命を懸けても構わない、とヒーロー役が言いだしそうな雰囲気、これこそがヒロイン力!!(あくまで個人的意見です)

そしてそれを備え持つのが西野七瀬ちゃんなのです


しかし、それだけではなく彼女からは強い意志のようなものも感じます

儚くて今にも消えてしまいそうだけど、一本筋が通った強さを持っている

そんな雰囲気にもまた惹き付けられるのかもしれません

それはパフォーマンスにも通じていると勝手に思っていて

だからこそ、自己主張が強いタイプではなくともしっかりセンターが務まるのかもしれないなぁなんて思っています

 

さらに、実は心臓が男前なところも推せます

f:id:cashewnutsan:20170313180826j:plain

過去に番組の企画でマカオで上空233mからバンジーも飛んでます

泣き虫だけど、やると決めたらやる!

そんな彼女が大好きです


泣き虫で引っ込み思案だった少女が月日を経て様々な経験をして強くなっていく、その過程は涙無しには語れません…

もう泣いてばっかりです…



私は演技については何も知らないし、乃木坂のこと、なぁちゃんのことも決して詳しいとは言えません

ですので、あくまで素人が素人の目から見て考えた西野七瀬さんの魅力です

 

好きです!西野さん!!